« [映] エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | [映] ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »

2009年2月26日 (木)

[映] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

 ミュージカルだが、連続殺人犯のお話。と言うことで、R15指定。確かに、かなり残酷なシーンが出てくるので、お子さま向きではない。

 ロンドン、フリート街で理髪店を営むベンジャミン・パーカー。美しい妻と、産まれたばかりの娘と3人で、幸せに暮らしていた。だが、この美しい妻に一目惚れした悪徳判事ターピンに陥れられ、無実の罪で服役するハメに。15年後、復讐のために街に戻ったベンジャミンは、スウィーニー・トッドと名前を変え、チャンスを狙う…

 とまぁ、一言で言ってしまえば、そういうお話である。スウィーニー・トッドに手を貸すのが、パイ店を営む女性ラベット夫人。この2人の妙な協力関係が面白い。だが、結末はかなり皮肉だ。

 ミュージカルなわけだが、それほど朗々と歌い上げている感じはなく、親しみが持てる。スウィーニー・トッド役がジョニー・デップ、ラベット夫人役がヘレナ・ボナム・カーター。監督ティム・バートンとは、チャリチョコや、コープスブライドでお馴染みのメンバー。ターピン判事役でハリー・ポッターのスネイプでお馴染みアラン・リックマン。ハリー・ポッターのピーター・ペティグリュー(ワームテール)役のティモシー・スポールも出演しているので、ハリポタ組3人そろったね。

 かなりグロいお話だが、皮肉が効いていて楽しめる。唯一気になるのはジョアンナ。あの青年と駆け落ちしたのかな。

|

« [映] エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | [映] ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師:

« [映] エリザベス:ゴールデン・エイジ | トップページ | [映] ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 »