« [映] イエスマン | トップページ | [映] 時をかける少女[アニメーション版] »

2009年3月26日 (木)

[映] 28週後...

 ロンドンが舞台のゾンビ映画である「28日後」の続編。前作は、ダニー・ボイル監督(スラムドッグ・ミリオネアの)だったらしいが、今回は製作総指揮に回っている。「28ヶ月後」という映画もできるらしい。

 ウィルスの感染で、大多数の人間がゾンビ化してしまったロンドン。数人が山荘に立てこもっていたが、ゾンビ集団の襲撃を受ける。ドンは、妻アリスを見捨てて逃げ延びることに成功。それから28週後、ゾンビが死に絶えたロンドンを復興するため、アメリカ軍を中心としたNATO軍が監視していた。そこへ、スペインへ旅行中だったドンの子供達が戻ってくる。母の死を知った2人は、思い出の品を取りに行こうと、立ち入り禁止区域にある自宅へ侵入。そこで、なぜか生き残っていた母アリスと再会するのだが…

 このゾンビ、今までのゾンビと大きな違いがある。感染してからゾンビになるまでが、ものすごく早いこと、そして全力疾走で追いかけてくることだ。そのため、ゾンビから逃げるシーンはものすごい迫力で、スリル満点だ。ゾンビに追われている人を助けるのは、ほぼムリ。噛まれた直後にゾンビになってしまうので、どんどん増える。放っておけば、そのうち餓死していなくなると言うのが、唯一の救いだ。

 ドン役にロバート・カーライル。彼が妻を見捨てて逃げた所は、かなり衝撃的。でも、あの状況じゃ、しょうがないかなとも思う。だが、妻が生きていたと知った後の行動は、納得できない。無防備すぎ。米軍隊員役で、ローズ・バーン(ダメージのエレン・パーソンズ)、ハロルド・ペリノー(オズのオーガスタス、LOSTのマイケル)。

 後半は、とにかく怖いシーンの連続なので、その手の映画が苦手な人にはお勧めできない。でも、やっぱり前作の方が面白かったかな。

|

« [映] イエスマン | トップページ | [映] 時をかける少女[アニメーション版] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 28週後...:

« [映] イエスマン | トップページ | [映] 時をかける少女[アニメーション版] »