« [映] ミスト | トップページ | [映] スラムドッグ$ミリオネア »

2009年5月 1日 (金)

[映] バーン・アフター・リーディング

 毎月1日は映画の日(1000円!)と言うことで、仕事の後、藤枝シネ・プレーゴへ行くことにした。したのはいいが、見たい映画がない… だいたい、この品揃え(って言わないか)はいったいなんだ? スラムドッグ$ミリオネアもミルクも、フロスト×ニクソンも、アカデミー賞で話題になった作品が全然ないって、どういうことだっ! 期待していた映画館なのに、ここの上映作品を選ぶ基準って何なのっ!

 グラン・トリノは見てしまったし、残る選択肢はバーン・アフター・リーディングしかない。しょうがない、これを見てみるか。そんな感じで見に行ったのだが、これ、なかなか面白い。出演者が豪華なだけじゃない、コーエン兄弟の作品なのだ。

 仕事を干されてしまったCIA分析官オズボーン。妻ケイティは、元財務省連邦保安官ハリーと浮気中で、離婚を考えていた。離婚に有利になるようにと、夫のパソコンからCAIの情報を入手。ところがその情報を入れたCD-ROMをフィットネスセンターに置き忘れてしまった! たまたまそれを見つけた従業員のチャドとリンダは、それをネタにオズボーンから金をゆすろうと計画するのだが…

 オズボーン役にジョン・マルコビッチ。妻ケイティ役にティルダ・スウィントン。冷たい女医ぶりがなんとも似合ってる。彼女と浮気をしているハリー役にジョージ・クルーニー。大ぼら吹きのエロおやじだ。フィットネスセンターの従業員チャド役にブラッド・ピット。これまたおバカ丸出しの若造。整形費用を捻出したいがために、チャドと手を組むリンダ役にフランシス・マクドーマンド。見た目より中身を磨きなさいと言いたい。CAIの幹部役に、デヴィッド・ラッシュ(「俺がハマーだ」懐かしい~)、J・K・シモンズ(OZのシリンガー)。

 登場人物みんなおバカだ。CIAの幹部までコミカル。なんだかんだで、みんなちょっとずつつながっていて、あちこちこんがらがって騒動に発展するのだが、最後は妙にスッキリ!? みんな自分勝手でおバカ、ホントにしょうもない奴らなのだが、最後に得をしたのは女性たち? コミカルなんだけど犯罪もの。犯罪ものと言っても正義とか悪とかそういう次元のお話ではない。エンディングの歌「CIAマン」もなかなか皮肉がきいてていい。

|

« [映] ミスト | トップページ | [映] スラムドッグ$ミリオネア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] バーン・アフター・リーディング:

« [映] ミスト | トップページ | [映] スラムドッグ$ミリオネア »