« [映] HOME 空から見た地球 | トップページ | 皆既日食 in 中国 ~出発編~ »

2009年7月12日 (日)

[映] レッドクリフ part I

 有名な三国志、赤壁の戦い。part II が公開されたのに合わせ、WOWOWでpart I が放送された。

 西暦208年。中華を支配する曹操軍は、劉備の軍を追い詰めるが、なんとか逃げ延びる。劉備軍の孔明は、孫権との同盟を提案、みずから孫権のもとへ説得に向かう。しかし、孫権軍では曹操軍に対して降伏を望む声が強く、孫権の説得も難航。そんな孔明は孫権が信頼する司令官、周瑜と面会。孔明と周瑜は意気投合し、孫権軍との連合に成功。そしてやってきた曹操軍との戦いが始まる…

 戦闘シーンはなかなか見事だ。劉備軍の孔明と孫権軍の周瑜の友情というか、信頼関係も、見ていて頼もしい。三国志については全く知識がないので、素直に見られたが、本を読んで詳しく知っている人から見ると、配役などどうだったのだろうと思った。

 これから盛り上がると言うところで終わってしまうので、これを見たらpart II を見ないとね。もっと早く見て、映画館でIIを見れば良かったと少々後悔。

|

« [映] HOME 空から見た地球 | トップページ | 皆既日食 in 中国 ~出発編~ »

コメント

こんばんは、マイキーさん。
その後息子に聞いたら、三国志は訳者によりいろいろ解釈があるそうです。日本の源氏物語のように。
舞台となった赤壁の戦いの場面ですが、この映画では孫権はあきらかに劉備より若いのですが、もっと壮年に描かれてるものもあるそうです。
息子はいろいろな三国志を読んでいるので、若い孫権で描かれてる本がベースなんだな、と思ったそうですが、壮年の孫権を読んだ人なら印象が違うでしょうね。
孫権の妹はこののちに劉備の妻となるそうで、男勝りで活発で剣を好むそうでぴったりですね。

投稿: メイプル | 2009年10月21日 (水) 22:50

メイプルさん、こんにちは。

出た! これも飛行機の中で見たんだね! いいなぁ、そういうの。

三国志は全く興味なかったので、見るつもりはなかったのだけれど、たまたま旦那が録画してあったので、何の気ナシに見てみたら、ついつい最後まで見てしまった…  配役はイメージ通りなのね、さすが。パート2がWOWOWに落ちてくるのを辛抱強く待ちます…

投稿: マイキー | 2009年10月11日 (日) 16:41

こんにちは、マイキーさん。
レッドクリフ私はパート1はテレビで、パート2は飛行機の中で観ましたよ。面白かった(^^)
パート2は期待を裏切らないよ!戦闘シーンも大迫力。
三国志愛読の息子も大満足。劉備軍の面々はイメージ通りですよ。
昔、中国の成都=蜀の都に行ったことがあり、劉備軍の面々が祭られてるお堂の坐像を見ましたが、
特徴をつかんでましたね。
実は原作横山光輝のアニメ三国志のDVDをなにげなく持ってます。でもまだ最後まで見てなかった(^_^;)

投稿: メイプル | 2009年9月30日 (水) 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] レッドクリフ part I:

« [映] HOME 空から見た地球 | トップページ | 皆既日食 in 中国 ~出発編~ »