« [映] シティ・オブ・ゴッド | トップページ | [映] 寝取られ男のラブ♂バカンス »

2009年8月15日 (土)

[映] さよなら。いつかわかること

 地味な作品だが、妻を戦地に送り出した夫とその娘達という、ちょっと変わった視点で描かれていて、興味深い。原題は、ズバリ"Grace is gone"。

 ホームセンターで働くスタンレーは、ある日、戦地に出征した妻グレイスの訃報を受け取る。突然の事に呆然とするスタンレーは、このことを娘たちに話すことが出来ず。とっさに思い立って、二人を連れてフロリダの遊園地を目指してドライブを始めるが…

 女性だって軍隊に入る時代、戦地に行くことだってあるだろう。それが、家庭を持つ妻という場合もあるかもしれない。そんな一家の視点から戦争を描いた作品だ。

 まず、夫婦円満であり、愛する妻を亡くしてショックを受けていることは言うまでもない。だが、それだけではないことが、次第にわかってくる。スタンレー自身も軍にいたことがあり、妻グレイスともそこで知り合った。だが、ある事情で自分は除隊させられてしまう。そしてそのことを非常に悔いている。自分が行っていれば… と言う思いが、頭から離れない。

 いつもと様子の違う父親の姿に戸惑いながらも、旅を楽しむ娘達。目的を果たしたあと、スタンレーはビーチで母の死を告げる。とても悲しいシーンだ。同時に、今後の彼らを想う。3人で励まし合って生きていくんだろうなと。

 スタンレー役に、ジョン・キューザック。マリサ・トメイがチョイ役で出演。また、この映画の音楽を、クリント・イーストウッドが担当。

 悲しいお話だが、ドンパチやらなくても戦争の悲惨さは描けると言う良い見本かもしれない。

|

« [映] シティ・オブ・ゴッド | トップページ | [映] 寝取られ男のラブ♂バカンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] さよなら。いつかわかること:

« [映] シティ・オブ・ゴッド | トップページ | [映] 寝取られ男のラブ♂バカンス »