« [映] イースタン・プロミス | トップページ | バグなケータイ »

2009年9月 3日 (木)

[映] 96時間

 今公開中、リーアム・ニーソン主演のサスペンスアクション。ハラハラドキドキ手に汗握る痛快アクションだ。

 

元秘密工作員のブライアンは、今は引退した身。17歳になったばかりの娘は、離婚した妻とその新しい夫と共に暮らしていた。ブライアンの唯一の楽しみは、娘の成長を見守ること。そんなある日、娘が友人とのフランス旅行への許可を求めてきた。娘に泣き落とされ、渋々承知するが、フランスに到着した娘は、何者かによって拉致されてしまった…

 はっきり言って、結末は見えている。途中の展開も、だいたい想像がつく。しかも93分という短さ。それでも、これだけ楽しめるのは、ブライアンという人物の設定や、見せ方のうまさによるものだろう。

 ブライアンは、今でこそ、娘がかわいくてしょうがない、ただのおじさんだ。だが、かつては秘密工作員として、国のために世界各国で諜報活動をしていた人物らしい。彼がかなりの凄腕だったことは、すぐにわかる。まず、フランス旅行へ行きたいと言う申し出に、難癖をつける。確かに、フランスに危険のイメージはあまりないし、娘に自主性を身につけさせたいと言う母親の気持ちもよくわかる。だが、世界を見てきたブライアンは、用心するにこしたことはないと、条件付きで許可を出す。携帯を渡し、毎晩その携帯で連絡を入れること。

 事件はすぐに起きる。幸か不幸か、ちょうど携帯でブライアンに電話をかけている最中。この時のブライアンの冷静さがすばらしい。娘にも落ち着くように、そしてこれから起こるであろう事を説明し、指示を出す。このときの行動が、今後の展開に大きく影響するのだ。さすが元秘密工作員。娘をさらった一味に対して、冷静に言い放った言葉はすごみがある。そしてこのあとのブライアンの素早い行動は実に見事。

 途中、かなりやりすぎに見える部分もある。そんなことしちゃっていいのかと言う気もする。だが、大事な大事な娘を取り戻したい一心の父親には、そんなことはどうでもいいのだ。

 50代半ばのリーアム・ニーソンが、見事なアクションを見せてくれる。元妻役にファムケ・ヤンセン。娘キム役は、ロストのシャノン役でお馴染み、マギー・グレイス。17歳の娘と言ったら、もっと生意気でマセている気がするのだが、パパ大好きなんて言って飛びつくような、純真な娘だ。もっとも、ブライアンのような父なら、娘がそうしたくなる気持ちもわかるが。

 とにかくありえないほど格好良い、娘に一途なオヤジが大活躍する作品。アッという間の93分。ドキドキしつつ、最後にスッキリしたい方にはおすすめ。

|

« [映] イースタン・プロミス | トップページ | バグなケータイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 96時間:

» 「96時間」オヤジ、ノンストップ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[リュック・ベッソン] ブログ村キーワード  リュック・ベッソン製作のノンストップ・アクション!「96時間」(20世紀FOX)。この映画でノンストップなのは、“スーパー・親バカ・オヤジ”。愛する娘を救うため、パリの街を破壊…もとい疾走します。  長年アメリカ政府の“闇の仕事”に従事してきたブライアン(リーアム・ニーソン)は、それが元で離婚。元妻・レノーア(ファムケ・ヤンセン)は富豪と再婚し、一人娘・キム(マギー・グレイス)も引き取られた。引退したブライアンは、レノーアとキムが暮らす街に住... [続きを読む]

受信: 2009年9月 8日 (火) 20:24

» 映画:96時間 [よしなしごと]
 8月22日封切り後、近くの映画館は1ヶ月も経たずに上映終了予定の96時間を慌てて観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009年9月15日 (火) 04:47

« [映] イースタン・プロミス | トップページ | バグなケータイ »