« [ド] ジェリコ | トップページ | [映] ハンコック »

2009年10月12日 (月)

[映] 私の中のあなた

 「リトル・ミス・サンシャイン」の時より、少しだけ大人になったアビゲイル・ブレスリンが見たくて、映画館へ行って来た。相変わらずのぽっちゃり体型だが、横顔は少々大人の香り。

 

11歳の少女アナは、白血病の姉ケイトを救うために生まれてきた。ドナーとして作られた子供だ。これまで、姉のために何度も身を犠牲にしてきた彼女は、ついにある日、これ以上の臓器提供は拒む、自分の体は自分で守ると宣言、両親を相手に訴訟を起こす。だが、裁判が進むうち、意外な真相が明らかに…

 どの作品情報にも、だいたいこんな内容が書いてあり、意外な真相が…となっている。話の流れはだいたい想像がついたが、この意外な真相というのが知りたくて見に行った。まぁ、実際は意外でもなんでもないのだが、アナが起こした行動は、自分のためではなく、姉のためだったと言うのが非常に深いところだ。

 病気の我が子を救うため、臓器提供のために次の子を産むと言うのは、すでに実際にある話だ。こういうことがいつ起こっても不思議ではない。重要な問題提起と言えよう。

 母サラ役にキャメロン・ディアス。アナ役にアビゲイル・ブレスリン。ちょっと成長した彼女の演技も、やはりすばらしい。ケイト役にソフィア・ヴァジリーヴァ。日本でもドラマ「ミディアム」の長女アリエル役でお馴染みだ。彼女の体当たり演技に拍手。笑顔が最高に素敵。彼らの兄弟ジェシー役に、エヴァン・エリングソン(CSIマイアミ、ホレイショの息子カイル役)。アナの弁護士役にアレック・ボールドウィン。判事役でジョーン・キューザック。ドクター役でボーンズのブレナン博士ことエミリー・デシャネル(ゾーイー・デシャネルのお姉さんなんだね、どうりで似ているわけだ)。そして、重要な役である、テイラー役に、ターミネーター:サラ・コナークロニクルズのジョン・コナー、そしてヒーローズのザックこと、トーマス・デッカー。

 涙なくしては見られない感動作だが、つらい闘病生活の様子も出てくるので、気分も重くなりがち。苦手な方にはあまりおすすめしない。

|

« [ド] ジェリコ | トップページ | [映] ハンコック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 私の中のあなた:

» 「私の中のあなた」究極の家族愛。爽やかな感動。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[キャメロン・ディアス] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年9月30日12:02 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  キャメロン・ディアス、女優キャリア初の母親役に挑戦!「私の中のあなた」(GAGA)。“名子役”の呼び声高い、アビゲイル・ブレスリンちゃんと親子役で共演。この秋一番の感動作!として、お薦めできる映画です。  ブライアン(ジェイソン・パトリック)とサラ(キャメロン・ディアス)の夫婦は、長女ケイトと長男ジェシーの4人家族で暮らしていた。ケイ... [続きを読む]

受信: 2009年10月13日 (火) 20:03

« [ド] ジェリコ | トップページ | [映] ハンコック »