« [映] イングロリアス・バスターズ | トップページ | [ド] OC4 #16 »

2009年11月23日 (月)

[映] ウォーリー

 CGアニメながら、なかなか深い内容だと思う。セリフがほとんどないが、それでもこれだけ楽しめるのは素晴らしいと思う。

 29世紀の地球。環境が破壊され、人類が宇宙へ旅立ってしまったあとの地球で、700年間たった1台で街を掃除し続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー。彼の友達はゴキブリ。大好きなミュージカル映画を見て、手をつなぐことに憧れる毎日。そんなある日、やってきた巨大宇宙船から、1台の白いロボット、イヴが現れる。彼女となんとか友達になりたいウォーリーだったが…

 ウォーリーには、とてもロボットとは思えないかわいらしさがある。毎日飽きもせず、せっせとゴミを集めてブロックを作り、タワーのように積み上げている様は、どう見てもロボットだが、ビデオを見てうっとりする姿、親友のゴキブリを大切にしている姿は、人間のようだ。それだからこそ、彼が1人で寂しい思いをしていると言うのが伝わってくるのだし、700年ぶりに見た同胞に惹かれる気持ちがわかるのだろう。

 優しいウォーリーに対し、イヴは最初かなり攻撃的だ。彼女の目的は、植物を見つけること。だが、動く物には容赦なく攻撃。周りがどうなってもお構いなしだ。そんな2台が「心」を通わせ、すっかりコンピュータのいいなりになっていた人間達の心を動かすと言うストーリーは、なかなか斬新だ。自分で考えることを忘れ、自分で動くことを忘れている人間たちの、無様で脳天気な姿は滑稽であると共に、妙に現実的で怖くもある。

 子供が楽しめるのはもちろんだが、我が身を振り返る(メタボ~)と言う意味で、大人にも見て欲しい作品である。しかし、700年も宇宙船の中で人間は何食ってたんだろう…

|

« [映] イングロリアス・バスターズ | トップページ | [ド] OC4 #16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ウォーリー:

« [映] イングロリアス・バスターズ | トップページ | [ド] OC4 #16 »