« [映] 私の中のあなた | トップページ | [映] 最後の初恋 »

2009年11月 2日 (月)

[映] ハンコック

 ちょっと変わったヒーローの物語。ヒーローもつらいよ的な、Mr.インクレディブルのようなお話なのかと思ったら、途中から予想もしない展開で、違った意味で楽しめた。監督はピーター・バーグ(シカゴ・ホープのビリー・クロンクでお馴染み)。

 超人的な力を持ち、空をも飛べる男ハンコック。彼はその力を使って、強盗犯を捕まえ、事故に遭った人々を助けるが、そのやり方があまりに荒っぽく、そのたびに街を破壊してしまうため、人々からは非難の的。ある時、業績の上がらないPRマン、レイの命を救うが、またもや人々から避難を浴びてしまうハンコックを見て、彼のPRを申し出るレイ。彼の作戦とは… 二人の様子を、心配げに見ていた、レイの妻メアリー。彼女には秘密があった…

 ハンコック役にウィル・スミス。レイ役にジェイソン・ベイトマン。彼の妻役にシャーリズ・セロン。「ブルース一家は大暴走」でも奇妙な共演をしているジェイソンとシャーリズ、こちらは夫婦なのだが、ブルース一家を思いだして笑えた。

 ハンコックは、なぜか自暴自棄なのだが、ある時以前の記憶が無いと言う。そしてその理由が次第にわかり、物語は意外な方向へ進む。単なるヒーロー物ではないところが見所か。愛を選ぶか、永遠の命と超人的な力を選ぶか。究極の選択。

 とはいえ、短いし、お話的にはあっけない。ヒーロー物を期待して見たお子さまは、ハズされたと思うだろう。もう少し大人向けの作品だ。

|

« [映] 私の中のあなた | トップページ | [映] 最後の初恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ハンコック:

« [映] 私の中のあなた | トップページ | [映] 最後の初恋 »