« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月28日 (月)

[映] トロピック・サンダー/史上最低の作戦

 ベン・スティラー主演監督の痛快コメディ。映画を徹底的にパクリ、皮肉った作品。バリバリのコメディなのだが、今年のアカデミー賞助演男優賞に、ロバート・ダウニーJrがノミネートされて話題になった。 

 落ち目のアクション俳優タグ・スピードマン、下品なコメディ俳優ジェフ・ポートノイ、超のつく演技派俳優カーク・ラザラスの3人は、ベトナム戦争体験者の手記を元にした映画、トロピック・サンダーの撮影のために現地へ。ところが、なかなか原作者の思ったように進まない撮影。そこでリアリティを出すべく、彼らをジャングルに放り込んだ監督だったが…

 ジャングルに放り込まれ、撮影だと思いこんでやる気満々の彼らは、麻薬密造マフィアとの戦いに巻き込まれてしまうと言うお話だ。最初は、撮影だと信じているので、全くの怖いもんなし。ところが、やる気満々のスピードマンが拉致されてしまい、彼を連れ戻すべく奮闘するのだ。

 ストーリーはそれなりのデキだと思うのだが、小ネタが聞いている。映画業界を知り尽くした彼らしく、戦争映画のパクリ満載。俳優達の裏事情も見えてきて笑える。

 スピードマン役にベン・スティラー。ポートノイ役にジャック・ブラック。ラザラス役にロバート・ダウニーJr。原作者役でニック・ノルティ。スピードマンのエージェント役でマシュー・マコノヒー。大物エージェント役でトム・クルーズ(ハゲヅラ、ファットメークが笑える)。劇中劇「シンプル・ジャック」のシーンで、ベン・スティラーの妻クリスティン・テイラーも出演。また、チョイ役で、ベン・スティラーの姉エイミー・スティラーも出演。さらに、最後の授賞式シーンでは、本人役で俳優さんたちが多数出演している。

 出演者は豪華だが、やはり一番の見所はロバート・ダウニーJrだろう。黒人俳優に鳴りきっている演技派俳優という設定なのだが、なりきるあまり、自分が白人であることを忘れてしまう。自分をマイノリティーだと信じ込み、黒人ラップスター、アルパ・チーノ(このネーミングも笑える…)に、おまえ白人だろうと突っ込まれるのだ。

 オープニングの偽映画宣伝フィルムも笑えるし、パクリを探すのも面白い。ドンパチもあるので、苦手な人もいるかもしれないが、ここまで自分たちを笑い物にできるベン・スティラーに拍手。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

[映] シャッフル

 サンドラ・ブロック主演のサスペンスということで、少々期待していたのだが… サスペンスというよりは、ある主婦の物語というか、主婦の家族愛を描いた作品。 

夫と娘2人を持つ主婦リンダ。いつものように娘達を学校へ送り、家事をこなす平凡な日。ところが、突然、夫が事故で死んだと言う知らせを受ける。突然の事に呆然とするリンダ。そして翌朝、目覚めたリンダは、いつものように朝食を食べる夫を目撃。何も変わらない、平凡な朝だった… さらに翌日は、夫の葬式。すっかり混乱するリンダだったが、次第にある法則に気づく。

 なかなか奇抜なアイデアだと思う。夫の死亡事故の前後数日間が、全くバラバラにシャッフルされてやってくるのだ。夫が死んだのは昨日だと言われ、翌朝起きると夫は生きている。その翌日は夫の葬式で、その翌日はまた夫のいる世界。当然、リンダは混乱し、周りから彼女の言動は奇妙にうつる。正気を失いかけるが、信仰によって(?)正気を保ち、夫との限られた時間を大切にし、夫を救うべく行動に出る。家族を愛する主婦の物語という意味では、まぁまぁだろう。

 だが、サスペンスという意味では物足りない。だいたい、周りで起こっていることに気づくのが遅すぎる。気づいてからする行動も、あまり頭のいい方法とは思えない。確かに混乱するのは無理ないし、なんで日がバラバラにやってくるのかと言うつっこみもあるだろうが、百歩譲って、そういうことがあったとしよう。そうだとしても、どうしても解せないことがある。リンダは、今日が何日というのを、全く意識せずに日々を送っている点である。

 普通、時間は連続しているので、木曜の翌日は金曜だし、23日の翌日は24日であるので問題ないのかもしれないが、リンダは、朝起きて昨日と今日がつながっていないと言うことが数日続いて、初めて日がシャッフルされていることに気づく。その際、全て曜日で考えていて、何年の何月何日で考えていないのだ。新聞も見ないと言うことか。いくら主婦だって、前の晩には明日の予定を確認するし、その日の朝だって今日の予定を確認する、カレンダーを見て。この家にはカレンダーが見あたらなかったが、そういう生活をしていないようだ。まさかアメリカ人がみんなそうだってわけじゃないよね?? 主婦は毎日同じ事の繰り返しだから、日にちもわからないと思われているのだろうか。

 ちなみに、原題は"Premonition"。前兆とか、良くないことが起こる予感とか、予告とか、そういう意味らしい。夫の事故死を予告された妻ということか。確かにこの映画の中にも、未来を見てしまった人の話が出てくるが、この場合は、邦題「シャッフル」の方がわかりやすい気がする。

 リンダの夫ジム役に、NIP/TUCKのクリスチャン・トロイこと、ジュリアン・マクマホン。リンダの親友アニー役に、サードウォッチのモンローことニア・ロング。Dr.ロス役にプリズン・ブレイクのアブルッチこと、ピーター・ストーメア。

 設定は面白いのに、もったいないなと思う。サスペンス重視なら、もっと緻密な脚本にすべきだったし、家族愛重視でももうちょっと深みが出せた気がする。なにより、主役の行動に納得がいかない点が多すぎて、感情移入もできないことが腹立たしい。でももしかして、突然家族を失って、ずっと続くと思っていた平凡な日々が突然終わってしまったら、全てが訳の分からぬまま過ぎてしまって、こんな風に感じるのかなと、ふと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月20日 (日)

ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート

 アメリカ4大音楽賞の一つ、ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム、ロックの殿堂。この音楽賞の25周年記念コンサートの模様がWOWOWで放送された。

 チャンネルを合わせたとき、運良くスティービー・ワンダーのパフォーマンスだった。ゲストでスティングが登場。スティービーとスティング、今たまたまマイブームのこの2人の共演! なんとも贅沢だし、素晴らしいパフォーマンスだった。

 さらに、かなり老けた感じだけど、歌声は健在のサイモンとガーファンクルや、U2とミック・ジャガーとか、ブルース・スプリングスティーンとビリー・ジョエルとか、ものすごく贅沢な共演が次々と見られて大満足。そして!! スプリングスティーンのEストリートバンドのギタリストとして、「ソプラノズ」のシルビオことスティーヴ・ヴァン・ザントが!! これまためっちゃ格好良く、大興奮。

 ビリー・ジョエルのソーセージのような指で奏でる絶妙なピアノ演奏も堪能できたし、カラオケで歌うおっちゃん状態のスティングも見られたし(^o^;、なんだかすごく得した気分になれた。ただ、チェックが甘く、最初の方を見逃してしまったので、再放送を是非ともチェックしたい。洋楽ファン必見だよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] CHUCK

 スーパードラマTVで、OCの後枠に始まったドラマ。オタク青年チャックが、ある日突然重要人物になってしまい、騒動に巻き込まれると言う物語だ。

 

家電量販店「バイ・モア」で働く青年チャック。コンピューターオタクである彼は、かつてはスタンフォード大の学生であったが、ルームメイト、ブライス・ラーキンのせいで(?)大学を追い出されたらしい。そのブライスから、ある日突然メールを受け取る。実はブライスはCIAのエージェントであり、何者かに追われたブライスは、CIAとNSA機密情報全てをチャックに送ったのだ。何も知らずにそれを見てしまったチャックの脳には、全ての情報がダウンロードされてしまった…! 
 そしてその情報を守るため、CIAからはエージェントであり、かつてブライスの恋人だった美女サラが、そしてNSAからは強面の男ケイシーが送られ、チャックを監視することに。果たして機密情報を国家の敵から守れるのか、ブライスがチャックに情報を送った目的はナンだったのか?

 と、かなりスリリングな内容の#1。だが、チャックがオタク青年であり、親友のモーガンと共にさえない生活を送っていることや、サラに密かに思いを寄せていることもあり、コミカルな要素も充分。ケイシーは、チャックの働くバイモアで、新人店員として働いているし、サラは向かいの店でセクシーな格好でバイトしていると言うのも面白い。また、チャックは姉とその恋人の家に同居している(両親は他界しているらしい)のも面白い。姉は、チャックの恋路を心配して何かと世話を焼いてくれる。姉エリー役にサラ・ランカスター(恋するブライアンのマージョリー、エバーウッドのマディソン)。ケイシー役にアダム・ボールドウィン。チャックの嫌味な上司役に、C.S.リー(デクスターのマスカ)。

 そもそも、ブライスはなぜチャックに情報を送ってきたのか、またチャックの退学にはどんな事情があったのか、そのうちわかるのだろうが、とても気になるところだ。今後、いろいろなところから狙われるのであろうチャック。彼を守るサラとの恋模様も気になる。楽しみなドラマだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] ホワイトハウス7 #22 最終回

 なんだかんだでシーズン7、そしてついに最終回となったホワイトハウス。バートレット大統領は、ついにホワイトハウスを去った。

 このシーズンは、本当にいろいろなことがあったが、バートレット大統領が任期を終え、再出馬はしないと言うことで、次期大統領を決める選挙戦が主なストーリー。ジョッシュは、下院議員で、ヒスパニック系のマット・サントスを、ドナとウィルは、副大統領のラッセルを推し、元副大統領のホインズの3人でまずは民主党内での代表の座を争う。
 当初、ラッセルとホインズの戦いと思われていたが、どんでん返しもあってサントスが代表に。そして、共和党の代表ヴィニックとの戦いとなる。
 ホワイトハウスでは、トビーは国家機密漏洩で逮捕されてしまい、まずい立場に。選挙キャンペーン中にジョッシュとドナは関係を持つし、CJはダニーといい関係になる。

 サントスの副大統領候補として、共に戦うことになったレオは、志半ばで他界。実際に、レオ役ジョン・スペンサーが他界してしまったためだ。実際にも心臓発作である。とても残念な出来事だった。また、ヴィニック陣営のブルーノ役ロン・シルバーも、今年食道ガンで亡くなっている。

 バートレット大統領は、本当によくがんばった。理想的な大統領だったと思う。そして、次期大統領のサントスも、きっと素晴らしい大統領になることだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月17日 (木)

マウス検定

 ココログをふらふらしていて、こんなところを発見。

マウス検定:ココログゲーム広場

 寒い部屋で、手がかんじかんでいたので、ムキになって何度もやってしまった(^o^;。なんとか1級ゲット(^o^)。お暇ならどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] ワールド・オブ・ライズ

 ディカプリオとラッセル・クロウの役所の対比が面白い。ハリウッド映画らしいハッピーエンドもなく、リアルだ。 

 CIA工作員フェリスは中東に潜伏し、テロ組織のリーダー、サリームの捕獲をめざす。彼に指令を出すのは、アメリカで、安全な生活を送る上司ホフマン。現場の様子を理解しない彼は、フェリスの妨害をしてしまい、協力者の信用を失ってしまう。そこで2人は、偽のテロ組織をでっち上げると言う無謀な作戦を考え出すが…

現場での苦労をまるでわかっていない上司ってありがちだなーと、立場は違うが、妙に納得。フェリスが体を張って苦労しているのに、アメリカで子守りなんかしながら電話で指示出しているホフマンは、肥えたブタである。この肥えたブタの役を、ラッセル・クロウがよくやったと、私は思う。

 とはいえ、ホフマンも、鬼ではない。一応フェリスを心配してみたりもする。彼をうまくおだてて、利用する。つまりは嘘つきなだけ。フェリスにしてみても、頼れるのはホフマンだけだ。そんな2人が協力して、かなり無謀な作戦を考え出す。テロ事件の自作自演。いかにもアメリカがやりそうな話である。綿密な計画を練り、実行するが、そううまくはいかない。バレるものだ。そしてまたしても窮地に立たされるのは現場のフェリス。

 そんな、なんとも理不尽な現状を描いた作品だ。リアルなのだろうが、見終わってすっきり感は全くない。なんともやりきれないモヤモヤが残る。巻き添えでたくさんの善良な人々が死んでいく。原題は「Body of lies」。bodyと言うのは、CIAのことか。それとも仲間という意味でホフマンのことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

[映] パブリック・エネミーズ

 ジョニー・デップ VS クリスチャン・ベール。そこにマリオン・コティヤールが絡む。こちらもなんとも絵的に美しい作品である。だが、実在した銀行強盗、ジョン・デリンジャーの物語だけあって、激しい銃撃戦は迫力満点。

 

1933年のシカゴ。銀行強盗ジョン・デリンジャーは、刑務所にいる仲間を脱獄させるため、収監を装って刑務所へ。仲間と共に脱獄した彼は、せっせと銀行強盗で稼ぐ。強盗ながら、国民からスターのようにもてはやされていた。ある日、美女ビリーに一目惚れした彼は、彼女を連れ歩くように。
 一方、FBI長官フーバーは、なんとしてもデリンジャーを逮捕すべく、彼を社会の敵として指名手配、若手敏腕捜査官パービスを迎える。さっそくデリンジャーの居場所を突き止めるパービスだったが…

 銀行強盗デリンジャーとFBI捜査官パービスの攻防戦。時代的にも、アンタッチャブルを思わせるが、こちらはデリンジャーの視点から描かれている。警察の裏をかき、何度も銀行を襲い、逮捕されてもすぐに脱獄。デリンジャーとその仲間達は無敵のように思えるが、時代は変わり、銀行強盗より少ないリスクでがっぽり儲ける者が現れる。強盗にこだわるデリンジャーは、顔が割れていることもあり、次第に逃げ場を失う。

 デリンジャーの良き相棒レッド役に、「ブラザーフッド」のトミー・カフィーこと、ジェイソン・クラーク。同じく仲間のホーマー役でスティーブン・ドーフ、フレンズのフランクやアールのラルフでお馴染みジョバンニ・リビシ。FBIのバウム捜査官役で、CSIマイアミのスピードルこと、ロリー・コクレイン。銀行の人質役で、LOSTのクレアでお馴染みエミリー・デ・レイヴィン。フーバー長官役でビリー・クラダップ。シェリフ役で、シックス・フィート・アンダーのリサこと、リリ・テイラー。デリンジャーの弁護士役で、「ホミサイド」のガーティ刑事ことピーター・ゲレッティ。テレビドラマ勢がたくさん出ていて、ちょっとうれしい。

 結末は見えているが、次第に追い込まれる様は手に汗握る。ジョニー・デップ演ずるデリンジャーは妙に魅力的だし、追うクリスチャン・ベールも格好いい。また、マリオン・コティヤール演ずるビリーの輝くばかりの美しさも魅力だ。そんな中で、脇役ながら、いぶし銀の魅力を放っていたのは、デリンジャーを仕留めた男を演じたスティーブン・ラング。実にいいキャラクターだ。

 デリンジャーとパービスの攻防戦であり、デリンジャーとビリーのラブストーリーでもある。デリンジャーを、強盗ながら、仲間を大切にする昔気質の魅力的な男として描いている。時代の流れを読めなかったのが彼の敗因かな。この事件がきっかけで、FBIが州を超えて捜査する権限を持ったと言うことらしい。それにしても民衆の影響って怖いね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[映] 彼が二度愛したS

 ちょっとミステリアスな作品。ユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマン、そしてミシェル・ウィリアムスが絡んで、魅惑的な香りに仕上がっている。

 NYの会計士ジョナサン。きまじめな彼は、派遣先の会社で淡々と仕事をこなす毎日。そんなある日、大手法律事務所で仕事中、弁護士のワイアットと知り合い意気投合。彼に誘われて、今まで知らなかった優雅な世界へ足を踏み入れる。洗練された彼と一緒に過ごすうち、すっかり彼にあこがれを抱くように。ところが、お互いの携帯電話を取り違え、彼にかかってきた女性からの電話に出たジョナサンは、好奇心から待ち合わせ場所に行き、会員制の秘密クラブの存在を知る。呼び出されては魅惑的な美女達とセックスをすると言う生活に、有頂天になるジョナサンだったが…

 刑事役に、プラクティスのレベッカこと、リサ・ゲイ・ハミルトン。客の1人として、スピーシーズでお馴染みナターシャ・ヘンストリッジ。

 前半はかなりスリリング。ワイアットは最初からかなり怪しげなのだが、ミシェル・ウィリアムス演ずる謎の美女Sの妖しい輝きもあって、何が起こるのか、とても引き込まれる内容だ。ただ、非常に残念なのは、ラストが平凡なこと。想像通りの展開というか、なんのヒネリもないというか。

 とはいえ、ヒュー・ジャックマンの見せる二面性(好感度抜群のナイスガイと、卑劣な悪党)、ミシェル・ウィリアムスのどこか悲しげな妖しい美しさ、そして、ユアンの二面性(さえない会計士と、頭の良さを発揮したスマートガイ)は楽しめる。目に嬉しい作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] NIP/TUCK5 #15

 終わったと思っていたシーズン5。翌年思い出したように再開したらしく、#15~#22が追加で放送される。

 

愛娘アニーのオペ中にストーカーとなったコリーンに襲われ、重傷を負ったショーン。一命を取りとめるが、車いすの身に。オペも難しくなり、整形外科医として講義をする毎日。一方、相変わらずの生活をしていたクリスチャンだったが、乳ガンとわかり…

 ショーンは下半身不随で車いす生活となったようだが、セックスライフも楽しんでいるようで、おかしいなと思っていたら、どうやらもう歩ける様子。車いすの身を利用しているのか? クリスチャンが乳ガンとは、なんとも意外な展開。2人とも、今までやりたい放題だったが、やはり年には勝てないと言うことか。まだまだ続くようなので、今後の展開を見守りたい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] エバーウッド4 #22 最終回

 お気に入りのドラマが相次いで終わってしまって寂しい限りだが、エバーウッドの最終回は、とにかく感動的なエンディングだった。(できすぎではあるが)

 NYの一流脳外科医アンディ・ブラウンが、ある日突然妻を失い、嫌がる子供達を連れて田舎町エバーウッドに引っ越してきてから4年。それまで仕事一筋で、家庭を全く顧みなかった彼。日本のお父ちゃんなら、特に問題にもならないような当たり前の父ちゃん像なのだが、そんな自分を変えたくて、あえて田舎町へやってきた。家族と接する時間を増やすためだ。
 それでも、人間急に変われるはずもなく、今まで自分たちに無関心だったのに、なんだよ急にとばかりに反発する思春期の息子と、衝突ばかりしていた。田舎町に突然都会から医者がやってきたと言うことで、何があったんだと周りの人間の視線もちょっと冷たい。そんな中で、少しずつ人間関係を築き上げてきた4年。

 そんな4年間が集結したエンディングだった。アンディは、やっと自分の求める人が誰なのかに気づき、願いが叶う。エフラムとエイミーも、自分たちの絆に気づく。思春期で反抗的になってしまったデリアも、落ち着きを取り戻し、父と和解。エドナは最愛の人(この物語の語り手でもある)を失ってしまったが、居場所を見つける。ハロルドとローズは、ローズの闘病を経て絆を強め、新たなチャレンジをすることとなる。ハンナとブライトは、もうダメかと思っていたが、どうやら希望はありそうだ。

 4年で、エフラムもエイミーも、そしてデリアもずいぶんと大人になった。ブライトだってだいぶ落ち着いた。最初は嫌味なドクターだと思っていたハロルドは、実に素敵なドクターであり、父親だったし、エドナとアーブの熟年カップルは魅力的だった。なにより、仕事人間で、家庭的なこと、ご近所づきあいなどに疎かったアンディは、すっかり田舎町のドクターとして受け入れられ、自らの居場所を築き上げた。田舎町での人間関係を描いた、心温まるドラマだったと思う。最終回のタイトルがまたいい。"Foreverwood"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

[映] インクレディブル・ハルク

 ハルクって、確か数年前にも映画化されて、見た気がするなーと思っていたが、前作はほとんど記憶にない。今回は、続編というワケではなく、もう一つのハルクの物語だ。

 最強の兵士を作り出す実験中の事故で、心拍数が上がると緑の巨人「ハルク」に変身するようになってしまった科学者のブルース。彼は、ブラジルに身を隠し、治療法を探していた。だが、軍がついに彼の居場所をつきとめる。兵士達に追われながらも、治療法を見つけたと言う知人の元を訪ねるブルースだったが…

 ブルースがハルクになってしまうまでの様子は、冒頭の映像でサラリと見せる程度。ブラジルに潜伏中のブルースから話は始まる。治療法を研究しつつ、怒りを抑え、心拍数を上げないよう訓練する。だが、軍に見つかり、再び追われるハメになり、ハルクに変身。

 ここで面白いのは、ハルクの強さを見て、自分もああなりたいと思う男の存在。イマヒトツ体力が足りないのか、昇進しきれなかった男の、最後の悪あがき。捨て身でハルク2号になろうとする。

 ブルース役にエドワード・ノートン。恋人ベティ役にリヴ・タイラー。その父にして最強の兵士を作ろうとする将軍役にウィリアム・ハート。ハルクになりたかった兵士役にティム・ロス。そして、アイアン・マンのトニー・スタークがチラッと出てくるのも面白い。

 ハルクの戦うシーンはなかなか迫力あるし、まぁそこそこ楽しめる。続編もできるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[ド] OC4 #16

 ついに最終回となったOC。やはりマリッサ降板後は勢いがなく、これといった話題もないままの終了だった。

 マリッサ亡き後、ライアンは進学を先延ばし。マリッサの敵をうつためにボルチェックへの復讐を考える毎日。サマーは大学へで出逢ったチェと共に、動物の保護活動などで悲しさを忘れようとし、セスはサマーとの距離を感じる日々。ジュリーは、ライアンの行動に望みを託す。姉の跡を継ぐようにやってきたケイトリンは、学校でやりたい放題。そんなところへ、フランスへ行っていたテイラーが舞い戻る。すったもんだの末にみんなマリッサを失った悲しみから立ち直り、前へ進むが…

 新キャラとして、ライアンの実の父(アンドロメダのケビン・ソーボ)が登場したが、あまり見せ場も多くなく、これまた残念。ただ、ライアンの父とマリッサの母がくっつくと言うのは、なんとも皮肉な話なのだが。さらに、ケイトリン、かわいい顔して性悪女という役柄だったが、最後はすっかりいい子チャンになってしまって、これもちょっと物足りず。

 マリッサのような強烈なキャラクターがない分、イライラすることもなかったが、シリアスな話よりもコミカルな話の方が増えた感じ。他愛のない話が続いたので、終わってもしょうがない感じだった。最初の勢いを考えると、とても残念。最後は、みなそれぞれの道を選ぶと言うことで、必ずしもハッピーエンドという感じではなかったが、現実的で、先の予想をしたくなる終わり方。ただやはり、あの富豪ブリット氏がかわいそうでならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »