« マウス検定 | トップページ | [ド] CHUCK »

2009年12月20日 (日)

[ド] ホワイトハウス7 #22 最終回

 なんだかんだでシーズン7、そしてついに最終回となったホワイトハウス。バートレット大統領は、ついにホワイトハウスを去った。

 このシーズンは、本当にいろいろなことがあったが、バートレット大統領が任期を終え、再出馬はしないと言うことで、次期大統領を決める選挙戦が主なストーリー。ジョッシュは、下院議員で、ヒスパニック系のマット・サントスを、ドナとウィルは、副大統領のラッセルを推し、元副大統領のホインズの3人でまずは民主党内での代表の座を争う。
 当初、ラッセルとホインズの戦いと思われていたが、どんでん返しもあってサントスが代表に。そして、共和党の代表ヴィニックとの戦いとなる。
 ホワイトハウスでは、トビーは国家機密漏洩で逮捕されてしまい、まずい立場に。選挙キャンペーン中にジョッシュとドナは関係を持つし、CJはダニーといい関係になる。

 サントスの副大統領候補として、共に戦うことになったレオは、志半ばで他界。実際に、レオ役ジョン・スペンサーが他界してしまったためだ。実際にも心臓発作である。とても残念な出来事だった。また、ヴィニック陣営のブルーノ役ロン・シルバーも、今年食道ガンで亡くなっている。

 バートレット大統領は、本当によくがんばった。理想的な大統領だったと思う。そして、次期大統領のサントスも、きっと素晴らしい大統領になることだろう。

|

« マウス検定 | トップページ | [ド] CHUCK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ホワイトハウス7 #22 最終回:

« マウス検定 | トップページ | [ド] CHUCK »