« [ド] ホワイトハウス7 #22 最終回 | トップページ | ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート »

2009年12月20日 (日)

[ド] CHUCK

 スーパードラマTVで、OCの後枠に始まったドラマ。オタク青年チャックが、ある日突然重要人物になってしまい、騒動に巻き込まれると言う物語だ。

 

家電量販店「バイ・モア」で働く青年チャック。コンピューターオタクである彼は、かつてはスタンフォード大の学生であったが、ルームメイト、ブライス・ラーキンのせいで(?)大学を追い出されたらしい。そのブライスから、ある日突然メールを受け取る。実はブライスはCIAのエージェントであり、何者かに追われたブライスは、CIAとNSA機密情報全てをチャックに送ったのだ。何も知らずにそれを見てしまったチャックの脳には、全ての情報がダウンロードされてしまった…! 
 そしてその情報を守るため、CIAからはエージェントであり、かつてブライスの恋人だった美女サラが、そしてNSAからは強面の男ケイシーが送られ、チャックを監視することに。果たして機密情報を国家の敵から守れるのか、ブライスがチャックに情報を送った目的はナンだったのか?

 と、かなりスリリングな内容の#1。だが、チャックがオタク青年であり、親友のモーガンと共にさえない生活を送っていることや、サラに密かに思いを寄せていることもあり、コミカルな要素も充分。ケイシーは、チャックの働くバイモアで、新人店員として働いているし、サラは向かいの店でセクシーな格好でバイトしていると言うのも面白い。また、チャックは姉とその恋人の家に同居している(両親は他界しているらしい)のも面白い。姉は、チャックの恋路を心配して何かと世話を焼いてくれる。姉エリー役にサラ・ランカスター(恋するブライアンのマージョリー、エバーウッドのマディソン)。ケイシー役にアダム・ボールドウィン。チャックの嫌味な上司役に、C.S.リー(デクスターのマスカ)。

 そもそも、ブライスはなぜチャックに情報を送ってきたのか、またチャックの退学にはどんな事情があったのか、そのうちわかるのだろうが、とても気になるところだ。今後、いろいろなところから狙われるのであろうチャック。彼を守るサラとの恋模様も気になる。楽しみなドラマだ。

|

« [ド] ホワイトハウス7 #22 最終回 | トップページ | ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] CHUCK:

« [ド] ホワイトハウス7 #22 最終回 | トップページ | ロックン・ロール・ホール・オブ・フェイム25周年記念コンサート »