« [ド] OC4 #16 | トップページ | [ド] エバーウッド4 #22 最終回 »

2009年12月 5日 (土)

[映] インクレディブル・ハルク

 ハルクって、確か数年前にも映画化されて、見た気がするなーと思っていたが、前作はほとんど記憶にない。今回は、続編というワケではなく、もう一つのハルクの物語だ。

 最強の兵士を作り出す実験中の事故で、心拍数が上がると緑の巨人「ハルク」に変身するようになってしまった科学者のブルース。彼は、ブラジルに身を隠し、治療法を探していた。だが、軍がついに彼の居場所をつきとめる。兵士達に追われながらも、治療法を見つけたと言う知人の元を訪ねるブルースだったが…

 ブルースがハルクになってしまうまでの様子は、冒頭の映像でサラリと見せる程度。ブラジルに潜伏中のブルースから話は始まる。治療法を研究しつつ、怒りを抑え、心拍数を上げないよう訓練する。だが、軍に見つかり、再び追われるハメになり、ハルクに変身。

 ここで面白いのは、ハルクの強さを見て、自分もああなりたいと思う男の存在。イマヒトツ体力が足りないのか、昇進しきれなかった男の、最後の悪あがき。捨て身でハルク2号になろうとする。

 ブルース役にエドワード・ノートン。恋人ベティ役にリヴ・タイラー。その父にして最強の兵士を作ろうとする将軍役にウィリアム・ハート。ハルクになりたかった兵士役にティム・ロス。そして、アイアン・マンのトニー・スタークがチラッと出てくるのも面白い。

 ハルクの戦うシーンはなかなか迫力あるし、まぁそこそこ楽しめる。続編もできるらしい。

|

« [ド] OC4 #16 | トップページ | [ド] エバーウッド4 #22 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] インクレディブル・ハルク:

« [ド] OC4 #16 | トップページ | [ド] エバーウッド4 #22 最終回 »