« [ド] 秘密情報部トーチウッド | トップページ | [映] ブーリン家の姉妹 »

2010年1月 9日 (土)

[ド] THE BEAST

 去年9月に他界したパトリック・スウェイジの遺作となったドラマ。FBI潜入捜査官を描いた作品だ。 

 舞台はシカゴ。FBIの潜入捜査官として、腕利きのチャールズ・バーカー。彼は、その強引で型破りなやり方が問題となり、内部監査から目を付けられていた。彼は、新人エリス・ダヴをパートナーに選び、指導することに。彼の中に、20年前の自分を見るバーカーは、彼に厳しく実戦を教える。彼を最高の捜査官と尊敬しつつも、私生活まで犠牲にする彼の徹底ぶりに抵抗も感じるダヴ…

 と言うことで、#1では、地対空ミサイルのランチャー売買を阻止し、テロリストを逮捕すると言うもの。潜入捜査官ということなので、売人になりすます彼らは、義理の兄弟を演じ、見事作戦を成功させる。だが、そのために、警察の押収品であるランチャーを勝手に持ち出したり、町中で試し撃ちしたりと、かなりやりたい放題にも見える。そんなバーカーなので、内部監査にマークされており、ダヴにバーカーの様子を報告するようせっつく。ダヴはそれをはねのけるが、それだけバーカーを信頼していると言うことなのか。

 パトリック・スウェイジは、どうしても若い頃の印象が強いので、もっとフレッシュなイメージだった。このドラマの中のバーカーは、まさに野獣。年のせいなのか、病気のせいなのか、彼の演技力なのか、内に秘めた野獣性なのかわからないが、変貌ぶりに驚いた。

 去年から始まったこのドラマ、今のところシーズン1のみで、全13話。パトリック・スウェイジが亡くなってしまったので、先が続くのかは不明だが、とりあえず最後まで、この2人のタッグを見届けたい。

|

« [ド] 秘密情報部トーチウッド | トップページ | [映] ブーリン家の姉妹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] THE BEAST:

« [ド] 秘密情報部トーチウッド | トップページ | [映] ブーリン家の姉妹 »