« [映] 恋愛上手になるために | トップページ | [映] ミルク »

2010年3月22日 (月)

[映] 007/慰めの報酬

 どうもこのタイトルがよくわからず、見ればわかるのかと思ったのだが、見ても結局よくわからなかった。ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド2作目。

 愛した女ヴェスパーを失ったボンドは、復讐のため、彼女を操っていた組織を探ることに。組織の幹部であるグリーンに近づく。同じく彼に近づく女性カミーユと手を組み、グリーンの計画を暴く。

 前作もそうだが、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドはいい。とても好感が持てる。なんと言っても、ただのプレイボーイではなく、女性を大切に扱っている辺り、男性として魅力的である。もちろん、アクションも格好良い。クールだし、哀愁すら漂う。そういう意味では、見ていて心地よいのだが、どうもお話がわかりにくい。

 ヴェスパーへの復讐のために動いていると言うこと、なぜか周囲にはめられて、関わった人間はことごとく死んでしまうと言うこと、その罪をなすりつけられてしまうことあたりはわかるのだが、敵役の設定説明が簡単に済まされているようで、また展開が非常に早いので、ストーリーとしてはなんとなく消化不良気味。とりあえず決着はついたみたいなので、ふ~ん、ってな感じである。

 と言うことで、ダニエル・クレイグはいいけど、ストーリーが私好みではないかな。まぁ、007シリーズは今までもそんな感じだったので、これでいいのかな。

|

« [映] 恋愛上手になるために | トップページ | [映] ミルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 007/慰めの報酬:

« [映] 恋愛上手になるために | トップページ | [映] ミルク »