« [ド] ターミネーター:サラコナー・クロニクルズ2 #22 | トップページ | [映] その土曜日、7時58分 »

2010年3月27日 (土)

[ド] KYLE4 #10

 カイル最終回。番組表ではシーズン4となっているが、実際にはシーズン3のようである。シーズン1は非常に興味深い物語で、毎回楽しみに見ていたのだが、次第に失速。それでも、最終回に、どう話が収束するのか、気になっていた。ついに終わったわけだが、消化不良気味だ。

 カイルは、何らかの目的で、カプセルの中で作られたらしい。それがおへそがない理由である。16年カプセルで飼育されたカイル。だが、彼を利用しようとした者たちの間で意見の相違から、騒動が起き、建物が破壊され、カイルは逃がされた。そしてトリガー一家の元で暮らすことになる。まるで赤ちゃんのように純粋無垢なカイルが、様々な社会常識を吸収していくストーリーが面白かったシーズン1。

 その後、彼を作ったアダム・ベイリンや、カイルと同じように作られたジェシーの登場、アマンダとの恋、ジェシーとの恋、少しずつ明かされる組織についての謎などで、興味をつないでいたが、最終回は全て解決したとは言えない。どうも打ち切りのようである。

 誠実なカイルは魅力的だし、ストーリーも興味深かったが、残念な終わり方だった。機会があったらまた続きを作って欲しい。と言うか、続くはずの物語である。

 

|

« [ド] ターミネーター:サラコナー・クロニクルズ2 #22 | トップページ | [映] その土曜日、7時58分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] KYLE4 #10:

« [ド] ターミネーター:サラコナー・クロニクルズ2 #22 | トップページ | [映] その土曜日、7時58分 »