« [映] ハート・ロッカー …惨敗 | トップページ | [映] 恋愛上手になるために »

2010年3月19日 (金)

[映] シャーロック・ホームズ

 ハート・ロッカー惨敗で、どうにもこうにも悔しかったので、急遽シャーロック・ホームズを見に行くことにした。シネ・プレーゴである。子どもの頃原作を全部読んだ者としては、84年のイギリスのドラマ版ホームズが、一番原作に近いと思っている。ジェレミー・ブレット氏のホームズこそがホームズであり、ファンのイメージ通りだ。なので、ロバート・ダウニー・Jrのホームズも、ジュード・ロウのワトソンも(2人とも大好きな俳優だが)、あり得ないと思っていたし、見るつもりは全く無かった。が、意外と評判が良いようだし、ハート・ロッカーの件もあり、半ばヤケっぱちである。

 19世紀末のロンドン。若い女性が次々と殺される事件が起こり、私立探偵シャーロック・ホームズと助手のワトソンが、犯人を突き止める。相手は黒魔術を操るとされるブラックウッド郷。女性が殺される直前に踏み込んだ2人は、見事ブラックウッド卿を取り押さえる。
 ブラックウッド卿は死刑が確定。刑が執行され、ワトソンは死亡を確認。だが、埋葬されたはずのブラックウッド卿が、墓から蘇ったとわかり…

 結果から言うと、非常に楽しめた。観察と推理力で謎を解き、犯人を突き止めると言う点、ホームズが拳闘やバイオリンをたしなむと言う辺りは原作に忠実。だが、映画版ホームズはアクション満載でスピード感があり、なんと言ってもロバート・ダウニー・Jrが魅力的である。拳で戦うシーンが何度も出てくるのだが、交える直前、どこをどう攻めれば一番効果的かを科学的に分析し、頭の中でシミュレーションするシーンが面白い。その通りに攻撃するのだが、計算通り、バッチリ決まるのだ。

 ホームズの汚い部屋も、上の子の部屋を見ているようで、笑えた。人間、何かしら欠点があるものだ。彼にはまさにワトソンが必要。ホームズのお守りもしつつ、相棒として絶妙のコンビネーションを見せる。

 今のような科学技術の無かった時代。謎の殺人事件が次々と起こり、黒魔術だと恐れられるが、ホームズは冷静に観察し、推理する。謎解きもしてくれる。そしてブラックウッド卿の手口を暴くのだが、背後にもっと大きな敵がいることがわかる。宿敵モリアーティ教授である。もうこの展開から行って、続編決定という感じだ。

 2人の他に、ホームズを悩ませる美女役でレイチェル・マクアダムス。

 イメージと全く違う部分と、イメージ通りの部分。どちらも楽しめるのだが、このホームズもいいなと思わせてくれる。なんと言っても、スピーディな展開は飽きさせない。

 

|

« [映] ハート・ロッカー …惨敗 | トップページ | [映] 恋愛上手になるために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] シャーロック・ホームズ:

» シャーロック・ホームズ [幕張コーポ前]
エンドロール風に作ってみました。なんとなくこんな感じだったかな。監督がガイ・リッチー、ホームズ役にロバート・ダウニー・Jr、ワトソン役はジュード・ロウ揃えてきましたね。シャーロックホームズは名前くらいしか知らなくて、ジェントルマンな探偵なのかと思ってました... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 13:58

» 「シャーロック・ホームズ」最新型名探偵、大暴れ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[シャーロック・ホームズ] ブログ村キーワード  『名探偵と言えば誰?』と聞かれて、真っ先に思い浮かぶ名前はシャーロック・ホームズではないでしょうか?その名探偵がこの春、大スクリーンに登場!「シャーロック・ホームズ」(ワーナー・ブラザース)。主演、ロバート・ダウニー・Jr.。監督、ガイ・リッチー。う~ん、これまでのホームズのイメージとは、明らかに一線を画してますな。  19世紀末のロンドン。謎の連続殺人事件を追っていたシャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr.)は、すんでのと... [続きを読む]

受信: 2010年4月 3日 (土) 01:24

« [映] ハート・ロッカー …惨敗 | トップページ | [映] 恋愛上手になるために »