« [映] レッドクリフpart2 -未来への最終決戦- | トップページ | [映] ミラーズ »

2010年4月10日 (土)

[ド] デスパレートな妻たち シーズン5

 お待ちかねのシーズン5。今回は、シーズン4の5年後という設定で、一挙にタイムワープ。こういうのって珍しい気がする。デス妻についての情報は、ショウケースにも載せてあるのでよかったらどうぞ。

 無事息子を出産したスーザン。幸せな家庭を築いたハズだったが、自動車事故で相手が亡くなったことから、マイクと破局。ペンキ屋との情事を続ける毎日。だが、親友にもそのことを言えず、隠し続ける。
 2人の娘を持つガブリエルは、かつての華やかな暮らしとはかけ離れた、なりふり構わぬ主婦となっていた。太めの娘達の一番の関心事は食べること。失明したカルロスに容姿がわかるはずもなく、娘が喜ぶことならなんでもしてしまう父は、甘い親でしかない。
 料理本を次々と出版し、すっかりビジネスウーマンとなったブリー。だが、彼女の転身は、息子として大事に育てていたダニエルの息子、ベンジャミンを失った悲しみを忘れるためのものだった。
 ブリーとパートナーのはずのキャサリンは、小間使いのようにこき使われるだけで、パートナーとは名ばかり。ブリーが、キャサリンのレシピを勝手に本に載せたことに腹を立てる。
 相変わらず双子たちに手を焼くリネットは、彼らがトムの店でカジノもどきを主催しているのを発見。だが、彼らに甘いトムは、厳しく叱ることができない。
 そんな5年後のウィステリア通りに、イーディが戻る。新しい夫デイヴを連れて。一見完璧な紳士に見えるデイヴだったが、彼にはなにやらたくらみがあるようだ。

 それぞれの変貌ぶりも楽しいが、一番気になるのは、やはりデイヴだろうか。彼が何者で、何の目的でウィステリア通りにやってきたのか、今のところは全く不明。ただわかるのは、どうやら精神病院か何かに入院していたと言う過去があり、それも誰かに対する強い憎しみによるものらしいと言うこと。その強い憎しみを心に秘めつつ、表面的には冷静さを保つと言う術を身につけたようだ。イーディの夫として登場した彼、明らかにイーディを利用しているだけだろう。彼が狙うのは誰なのか。

 全24話。またしばらく楽しめそうである。

|

« [映] レッドクリフpart2 -未来への最終決戦- | トップページ | [映] ミラーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/48045261

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] デスパレートな妻たち シーズン5:

« [映] レッドクリフpart2 -未来への最終決戦- | トップページ | [映] ミラーズ »