« [ド] アンフォーギブン 記憶の扉 | トップページ | [ド] scrubs »

2010年4月 6日 (火)

[ド] ブラザーズ&シスターズ3 #24

 あのお騒がせ一家がまたしばらく見られないかと思うと、とても残念。まだまだ問題は残ったままで、今後の展開が気になるシーズンエンド。

 キティとロバートは、無事養子をもらうことができたが、ロバートの知事選出馬、入院などで2人の意識にズレが生じ、ちょっと微妙な状況である。別居という話が出ていたが、どうなるのだろう。
 サラはオーハイを辞めたあと、ベンチャー企業を立ち上げた青年と手を組み、頑張っていたが、トミーの不祥事の後、オーハイに復帰。またホリーといろいろありそうだ。
 ノラは障害児のための施設建設や、子供達の世話で、相変わらず大忙し。いつも何か忙しくやっているのが似合う人である。
 トミーは、ホリーからオーハイを奪い返そうとして不正を働き失敗。逮捕までされるが、なんとか一件落着。でも会社を辞めることになり、一人メキシコへ。
 ジャスティンは医学校へ入学が決まり、レベッカともすったもんだの末うまく行き、プロポーズ。

 今シーズンの新キャラとして、父のもう1人の愛人の子、ライアンが登場。彼もウォーカーの仲間入りかと思いきや、そう単純ではなかった。彼はウィリアムを恨んでいたのだ。でも当然の反応だよね。

 今後も気になるエピソードがいろいろあるが、とりあえずジャスティンに期待。立派なDr.になってほしい。キティとロバートもうまく行って欲しい。お騒がせ一家だが、愛すべき一家である。

|

« [ド] アンフォーギブン 記憶の扉 | トップページ | [ド] scrubs »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/48012044

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ブラザーズ&シスターズ3 #24:

« [ド] アンフォーギブン 記憶の扉 | トップページ | [ド] scrubs »