« [映] ザ・バンク 墜ちた巨像 | トップページ | [映] 路上のソリスト »

2010年5月17日 (月)

[映] オー!マイ・ゴースト

 Bムービーとは思いつつ、リッキー・ジャーヴェイスが主演ということで、気になってみてみた。なかなか楽しめる。

 妻を愛しつつも、不倫をしていた男フランクは、突然の事故死。あまりに突然のことで、自分の死を受け入れられないフランク。
 人と関わり合うことを避け、孤独を愛する歯科医ピンカス。ある日、彼は腸の内視鏡検査のために病院へ。だが、麻酔ミスで7分間臨死体験をした彼は、以後、街中のゴーストが見えるようになってしまう。彼の存在に気づいたフランクは、妻グウェンの再婚を阻止するよう、ピンカスに頼む。面倒を嫌うピンカスは断ろうとするが、グウェンに一目惚れしてしまい…

 この世に思いを残したまま亡くなったゴーストと話ができると言う点は、ゴースト・ウィスパーと似ている。ラブコメに、ゴーストの要素を取り入れた作品だ。

 ピンカスは、過去の出来事のため、心を閉ざし、人との関わりを避けている。自分勝手だし、人のことはお構いなしである辺り、モンクにも似ている。フランクの依頼を引き受けたのは、グウェンに惚れてしまったと言うのもあるが、一つ頼みを聞けば、他のゴーストを追い払ってくれると思ったから。あくまでも自己中な動機である。

 一方、グウェンには婚約者がいて、最初はピンカスなど全く眼中にないのだが、婚約者とは違う、ピンカスの飾らない人柄を見て好感を持つ。この辺は、まさにラブコメの定石だろう。ピンカスも、彼女に惹かれたことで、心を開き、他のゴーストたちにも優しい気持ちになる。

 フランク役にグレッグ・キニア。ピンカス役がリッキー。太めだし、とりわけハンサムってわけでもないし、お世辞にも格好良いとは言えないが、なんだか憎めないタイプ。思ってることがすぐに顔に出るのもまたいい。グウェン役にティア・レオーニ。

 コミカルで、ちょっとジーンとするシーンもあり、なかなか楽しめる作品だ。

|

« [映] ザ・バンク 墜ちた巨像 | トップページ | [映] 路上のソリスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] オー!マイ・ゴースト:

« [映] ザ・バンク 墜ちた巨像 | トップページ | [映] 路上のソリスト »