« [映] ベッドタイム・ストーリー | トップページ | [映] ウォッチメン »

2010年5月 8日 (土)

[映] ロックンローラ

 スナッチのガイ・リッチー監督ということで期待していたのだが、ちょっとハズされた感じ。だが、まぁそこそこ楽しめるだろうか。

 舞台はロンドン。チンピラのワンツーと仲間たちは、不動産業に手を出すが、失敗。その際、街を牛耳るレニーに多額の借金を作ってしまう。同じ頃、ロシアの実業家も不動産業に参入するべく、レニーに助言を求めにやってくる。その時に、担保として一枚の高価な絵をレニーに預けるのだが…

 ワンツー役に、ジェラルド・バトラー。レニー役にトム・ウィルキンソン。謎の会計士役にサンディ・ニュートン(ERのケム)。アーチー役にマーク・ストロング(シャーロック・ホームズのブラックウッド卿)。ローマン役にジェレミー・ピヴン(アントラージュのアリ)。

 レニーの右腕アーチーの語りで始まるこの作品。おそらく主役はワンツーたちなのだろうが、あまりいいところはなく、おバカなチンピラがバカやって殺されそうになるが、なんだかうまく逃げ延びちゃったと言う感じである。この作品で一番光っていたのは、レニーの義理の息子ジョニー・クイド、そしてアーチー。アーチーがとてもクールで格好良く、私個人的には一押しキャラ。

 感じとしては、スナッチととても似ているのだが、スナッチほどヒネリはない。前半、おもしろさがわからず、何度も中断してしまった。だが、後半はなかなかテンポよく、楽しめた。終わりよければ全て良し?

|

« [映] ベッドタイム・ストーリー | トップページ | [映] ウォッチメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ロックンローラ:

« [映] ベッドタイム・ストーリー | トップページ | [映] ウォッチメン »