« [映] 第9地区 | トップページ | [映] ベッドタイム・ストーリー »

2010年5月 5日 (水)

[映] HACHI

 忠犬ハチ公ハリウッド版である。特に期待もせず、とりあえずリチャード・ギア主演だし、見てみるかと言う感じで見た作品。まぁ、思った通りである。

 アメリカ東海岸、郊外のベッドリッジ駅。寒い夜、出張から戻った大学教授、パーカー・ウィルソンは、迷い犬を見つける。妻に反対されつつも、飼い主が現れるまでと言う約束で、犬を家に置くことにしたパーカー。犬は日本の秋田犬で、首輪についていたタグに「八」と書かれていたことから、ハチと名付けかわいがる。成長したハチは、毎朝パーカーを駅まで見送り、彼が戻る時刻に駅まで迎えに行くと言う毎日。だが、ある日、パーカーは講義中に倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまった…

 お馴染みの忠犬ハチ公の物語、ほぼそのまんま、舞台がアメリカという感じだ。想像したとおりの展開だし、なんの驚きも、ヒネリもなく、淡々と進む。この作品の見所は、パーカーとハチの関係だろう。前半のこの描写があってこそ、後半のハチの行動が涙を誘うのだ。

 パーカーのみならず、駅員やホットドッグ売りなど、周りの人物の暖かい視線もある。パーカー役にリチャード・ギア。妻役にジョアン・アレン。友人の日系人教授役にケーリー・ヒロユキ・タガワ。駅員のカール役に、ジェイソン・アレキサンダー(サインフェルドのジョージ)。ホットドッグ売りにエリック・アヴァリ。

 スリルもないし、アクションもないが、しっとりとした映像、パーカーとハチの心温まる関係を見たい人にはいいのだろう。特に犬好きにはいいかもしれない。

|

« [映] 第9地区 | トップページ | [映] ベッドタイム・ストーリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] HACHI:

» 『HACHI 約束の犬』'08・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじ郊外のベッドリッジ駅で秋田犬の子犬を保護した大学教授のパーカーは、その子にハチと名付けて飼い始めるが・・・。感想言わずと知れた『ハチ公物語』のリメイク。日系3世... [続きを読む]

受信: 2010年5月29日 (土) 18:15

« [映] 第9地区 | トップページ | [映] ベッドタイム・ストーリー »