« [映] ディファイアンス | トップページ | [ド] プリズナーNo.6 »

2010年6月30日 (水)

[映] ウィンブルドン

 2004年の作品ということなので、ちょっと古いのだが、今ちょうどウィンブルドンの真っ最中ということで放送されたのだろうか。ウィンブルドンを舞台にした、ラブコメである。

 かつては世界ランキング11位であったが、今は119位と低迷しているイギリス人テニス選手ピーター・コルト。ワイルドカードでウィンブルドンに出場することになった彼は、これを引退試合にしようと考えていた。ホテルで、偶然知り合ったアメリカ人選手リジー・ブラッドベリーとデートをするうちに恋に発展。諦めかけていた試合だったが、彼女の応援で俄然元気を取り戻した彼は、観客の予想に反して勝ち進み…

 スポーツ選手にとって、体力の衰えは切実なものがあるだろう。ピーターは、年齢からいって、もうピークは過ぎている。世界ランキング11位というのが、自分にとっての最高位と確信しているし、今回の大会を最後に引退しようと決めている。どうせダメだけど、とりあえずチャレンジという感じである。

 そんな彼が、優勝候補のピチピチ女性選手と知り合う。彼女は若く、まだ元気であり、何事にも前向き。彼女と過ごすことで、ピーターは元気をもらう。そして、彼女のために、やる気を出す。ここ一番の踏ん張りがきかなかった彼なのだが、彼女に見られているから頑張らなきゃと言う気持ちになる。そして勝ち進む。

 いろいろな恋愛の形があると思うが、相手に良い刺激を与える恋愛ほど素晴らしいものはない。誰からも見向きもされなかったピーターが、次第にみんなの注目を浴びるようになる過程はなかなか楽しい。

 ピーター役に、ポール・ベタニー。ダヴィンチコードのシラス役の彼だ。そしてリジー役にキルスティン・ダンスト。彼女の父親役にサム・ニール。ピーターの弟役に、ジェイムズ・マカヴォイ。また、解説者として、マッケンローが本人役で出演している。

 まぁ、ラブコメ定番のストーリー展開だし、話はできすぎではあるが、テニスプレイはなかなか楽しめる。

|

« [映] ディファイアンス | トップページ | [ド] プリズナーNo.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ウィンブルドン:

« [映] ディファイアンス | トップページ | [ド] プリズナーNo.6 »