« [映] ハンニバル・ライジング | トップページ | [ド] 死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実 »

2010年9月28日 (火)

[映] そんな彼なら捨てちゃえば?

 このなんだか軽いタイトルから、内容的に期待できず、劇場に見に行くのをやめた。だが、なかなか面白い。なんたってキャストが豪華である。劇場で見ても良かったな。もっとマシなタイトルつけなさい。原題は"He's Just Not That Into You"。「彼はただあんたに興味がないだけ」って感じだろうか。なかなか勉強になるフレーズである。

 友達に紹介され、不動産業を営むコナーとブラインドデートしたジジ。感触はなかなか良かったにもかかわらず、その後一向に連絡がない。思い切って彼の行きつけのバーへ行ってみると、バーテンのアレックスから、男の心理についていろいろとアドバイスされる。その後も、新しい男性と知り合うたびに、アレックスにアドバイスを求めるように。
 ジジの同僚ジャニーンは、幸せな結婚生活を送っていると思っていたが、ある日、夫のウソに気づく。
 二人の同僚ベスは、7年も同棲している恋人ニールに結婚を迫るが、結婚という形式には抵抗があると言われる。だが、ジジの話を聞くうち、結婚したくないには理由があると考え、別れを切り出す…

 ジジを中心とした、恋愛エピソードが盛りだくさんだ。感じとしては、「恋人達の予感」にちょっと似ているだろうか。

 真面目な恋愛をしたいジジだが、出逢う相手はどうもいい加減な相手ばかり。そんな彼女にアドバイスをしているアレックスは、きっと自分に気があるんだと思いこむのだが、これまた勘違いで… と言うストーリーもなかなかほほえましい。

 結婚したものの、早まった感じのジャニーン。結婚はしていないものの、本物の愛をはぐくんでいたベス。いろいろな愛の形が描かれている。

 ジジ役にジニファー・グッドウィン。若い頃のシェリリン・フェンに似ていて、とてもキュート。ジャニーン役にジェニファー・コネリー。彼女の夫ベン役にブラッドリー・クーパー(エイリアスのウィル・ティッピン)。ベス役にジェニファー・アニストン。恋人のニール役にベン・アフレック。ベンの浮気相手役にスカーレット・ヨハンソン。バーテンのアレックス役にジャスティン・ロング。コナー役にケヴィン・コノリー(アントラージュのエリック・マーフィ)。バーの従業員役にビジー・フィリップス(ドーソンズクリークのオードリー、ERのホープ、サラコナークロニクルズのケイシー、クーガー・タウンのローリー)。メアリー役にドリュー・バリモア。バーにいた客役でニコール・スタインウェデル(ユニットのブリジット)。金持ちの未亡人役でクリスティン・ローズ(ヒーローズのアンジェラ・ペトレリ)。

 いろいろな人が出てくるので、飽きずに楽しめる。なにより結末がハッピーでいい。ジジには幸せになってほしい。

|

« [映] ハンニバル・ライジング | トップページ | [ド] 死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] そんな彼なら捨てちゃえば?:

« [映] ハンニバル・ライジング | トップページ | [ド] 死を処方する男 ジャック・ケヴォーキアンの真実 »