« [映] 男と女の不都合な真実 | トップページ | [映] ベストキッド »

2010年9月16日 (木)

[映] 湖のほとりで

 イタリアの作品。イタリアの映画賞で話題の作品だったらしいのだが…

 北イタリアの小さな村。いつもはのどかなその村で、ある日、少女のアンナの他殺体が湖のほとりで発見される。村に越して来たばかりのベテラン刑事のサンツィオが捜査を担当することに。捜査を進めるうちに、アンナが余命がわずかであったこと、ベビーシッターとして世話をしていた夫妻の子供が最近不慮の事故で亡くなったことがわかり…

 平和な村で美少女の死体が見つかり… と言うことで、ツインピークスを想像してしまったのだが、もっと真面目な物語だ。

 アンナが余命わずかであったこと、そのアンナが、自分の残り少ない命をかけて、愛する者のために行動を起こす。そのことが、捜査で次第に判明する。重い話なのだが、私にはイマヒトツ、アンナの気持ちが理解できなかった。

 捜査をしている刑事自身、妻が認知症という設定であり、家族のあり方とか、障害者を持つ家族の苦悩とかを描いた作品だと思うのだが、それぞれがバラバラで、なんだかグッと来ない。さらに、テンポの良い映画を見慣れているせいか、どうも流れがゆったりとしすぎていて、もどかしい。

 と言うわけで、評価の高い作品なのだろうが、私は楽しめなかった。残念。

|

« [映] 男と女の不都合な真実 | トップページ | [映] ベストキッド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 湖のほとりで:

« [映] 男と女の不都合な真実 | トップページ | [映] ベストキッド »