« [映] ヒットマンズ・レクイエム | トップページ | [映] あなたは私の婿になる »

2010年11月20日 (土)

[映] インフォーマント

 何が言いたいのかイマヒトツよくわからない作品。冒頭で、実際の出来事を元にしているが、一部脚色していると言うような字幕が出るのだが、最後には、全くのフィクションだみたいな字幕が。どっちなのよ。

 1992年、イリノイ州。農業関係の大企業ADMで働くマークは、名門大学卒業後に入社。33歳で食品添加物のリジン製造工場の責任者という立場にいた。ある日、リジン工場でウイルスが発生、生産量が激減し、莫大な損失を出してしまう。責任を問われたマークは、日本企業「味の素」の知り合いから、ある情報を得たと会社に報告。それは、味の素のスパイが、リジン工場にウィルスをばらまいたと言うもの。詳しい情報と、対処法を知りたければ1000万ドル払うよう脅迫されたと言う。会社はFBIに捜査を頼み、さっそく捜査官ブライアンがマークの家に盗聴器を取り付けにやってくる。だがそこで、マークはブライアンに爆弾発言をする。それは、ADMが世界各国の企業と違法な価格協定を行っていると言う内部告発だった…

 シリアスな内部告発物かと思いきや、とんでもない大ボラ吹き男の物語である。そもそも、この男がよくわからない。仕事はうまくこなしているようだし、頭も悪くなさそうだ。名門大学を卒業し、一流企業に就職し、着実に出世している。美しい妻も子供もいる。このまま着実に行けばいいものを、なんでこんなウソを続けるのだろうと思う。だが、後半、彼の人生全てがウソで固められていたことがわかる。名門大に入るのも、おそらくこの会社に入るのも、ウソを使ったのだろう。そんなうそつきおじさんの顛末は、まぁこんなもんだろう。

 マーク役にマット・デイモン。FBI捜査官ブライアン役にスコット・バクラ(タイムマシンにお願いのサム、エンタープライズのジョナサン・アーチャー)。さらに日本企業側の一人として、神田瀧夢(今年のアカデミー賞授賞式レッドカーペットで、見事なインタビュアぶりを発揮してくれたね!)が出演しているのを発見。なるほど、これでマット・デイモンと知り合ったわけだ…

 フィクションだと言いつつ、思いっきり「味の素」の名前出てたしなぁ。内部告発ものとは思えない気の抜けた音楽が、妙にマッチしていて良かった。だが、ストーリーとしては、あまり楽しめなかったな。こういう嘘つきは嫌い。

|

« [映] ヒットマンズ・レクイエム | トップページ | [映] あなたは私の婿になる »

コメント

WOWOWの番組表にはコメディマークついてたよ(^o^;。内部告発ものなのに、なんでコメディなんだろうと思ったら、こういうことだった…

フィクションと断ってはいるけど、こういう使われ方したらイメージダウンだよねぇ、味の素。文句言って良いと思うんだけどなぁ。その辺、そんなことは気にしちゃいないよと言う大人の対応なんだろうか。

投稿: マイキー | 2010年11月23日 (火) 11:36

マイキーさん、こんにちは。
この映画も飛行機で見ました。機内案内の冊子には、シリアスとアクションと推理物のマークがついていたんだけど(^_^;)
途中まで興味深く観ていたんだけど、なんかだまされたっていうか、これってコメディか?
そうそう、「味の素」出てきたよね。ありそうな、なさそうな。
それだけに、あの展開はないだろって、私も思いました。
やっちゃった感のある、妙な映画だったね。

投稿: メイプル | 2010年11月22日 (月) 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] インフォーマント:

« [映] ヒットマンズ・レクイエム | トップページ | [映] あなたは私の婿になる »