« [ド] ク-ガータウン #19、#20 | トップページ | [映] 縞模様のパジャマの少年 »

2010年11月 1日 (月)

[映] 2012

 かなり長いので、リアルタイムで見ないとなかなか見られないと思い、夕飯を食べながら家族での鑑賞。食器洗いもせぬまま、最後まで見てしまったのだが、なんだかなぁ…

 2009年、太陽系の各惑星が一直線上に並び、太陽の活動が活発化。大量のニュートリノが地球に降り注ぎ、地核が熱せられて大地が崩れ大災害になると予測した地質学者ヘルムズリー。すぐにアメリカ大統領に報告され、対策が練られる。
 3年後の2012年。LAで富豪のドライバーで稼ぎつつ、執筆を続ける売れない作家ジャクソンは、別居中の子供たちを連れてイエローストーン公園へキャンプに出かける。だがそこで、立ち入り禁止区域の中に異様な光景を目撃。さらに、そこでラジオDJをする男から、世界の崩壊と、そのために政府が製作を進めている宇宙船の話を聞かされる。全く本気にしなかったジャクソンだったが、LAに戻ると大地震とそれに伴う地割れに遭い、家族を救うためにある行動に出る。

 なかなか壮大なテーマである。マヤ文明が予言した世界の終末というのが2012年ということで、ちまたでも世界の崩壊説が少々話題になったりもしている。この映画で、一番気がかりだったのは、地球がなんらかの原因で崩壊するのだとして、映画としてはどういう結末になるのかと言う点。地球が壊れるのなら、地球上にいて助かる道はない。宇宙に出るのか、全滅するのか。それか、予測が外れて良い方向へ行くのか。とにかく、映画としてこの壮大なテーマにどう決着をつけるのかが、一番の関心事だった。そして、見終わった後の感想としては、「それで終わり?」

 様々な登場人物がいて、それぞれ違う場所でこの災害に遭うのだが、この作品の主人公は、ジャクソンである。売れない作家であり、一市民だ。いち早く予測した科学者は、アメリカ政府と協力して対策を立てる。そして、どうやら巨大な乗り物を製作しているらしいことがわかる。政府の人間や、一部の金持ちたちは、一般庶民がそういう情報を知り得る前に、その乗り物に乗る搭乗券をゲットしていると言うのは、いかにもありそうで面白い。当然のことながら、そんな情報に疎い一市民のジャクソンが、偶然その情報を手に入れる。そこで彼のとった行動が、ものすごく突飛なのだ。行動力があると言えば確かにそうなのだが、ものすごーく現実離れしているように思う。

 ジャクソン役にジョン・キューザック。元妻役にアマンダ・ピート(ジャック&ジルのジャック。激やせしていてビックリ)。その恋人ゴードン役にトーマス・マッカーシー(ボストン・パブリックのケヴィン・ライリー先生)。大統領役にダニー・グローバー。その娘役にサンディ・ニュートン(ERのケム)。大統領の側近?カール・アンハイザー役にオリバー・プラット。ラジオDJ役にウディ・ハレルソン。船上のミュージシャン役にジョージ・シーガル。

 映像的にはものすごく派手だし、ハラハラドキドキ見ていて飽きない。2時間39分ってものすごく長いけれど、飽きずに最後まで見てしまった点は、さすがだと思う。けれど、ストーリー設定には、かなりツッコミを入れたい部分がある。

 けれど、家族4人で映画を見たのって何年ぶりだろう。

|

« [ド] ク-ガータウン #19、#20 | トップページ | [映] 縞模様のパジャマの少年 »

コメント

結局、ノアの箱船って言うところがね(^o^;。箱船でいいんだったら、もっとたくさん作れば良かったのにとか。地形的な理由で中国に作ったようだったけれど、アメリカにも作れそうな場所はたくさんあるじゃんとか。

ただ、地球が崩壊してしまう話だったら、最後に救いはないじゃんと思って見に行かなかったんだけれど、なんだかんだでハッピーエンド(?)だったのが意外。やっぱりハリウッド映画?

投稿: マイキー | 2010年11月21日 (日) 11:24

春に飛行機で観ました。話題作だったし、楽しみにしてたんだけど、、、。やっぱり突っ込みどころ満載だよね?
なんか、なんとしても自分と家族だけは助かりたいっていう、アメリカ的?な映画だと思ったよ。
先月、地上波で邦画「日本沈没」観たんだけど、同じようなシチュエーションで同じような映像で日本各地が沈んでいくの。
でも、主人公は助かる道を保証されていたのに、あえて愛する人のいる日本を助けるために沈没を阻止し、殉死。
こちらはとっても日本的。どっちもいまいち納得できないんだよねぇ。

投稿: メイプル | 2010年11月 8日 (月) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 2012:

« [ド] ク-ガータウン #19、#20 | トップページ | [映] 縞模様のパジャマの少年 »