« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

[映] インビクタス/負けざる者たち

 「マンデラの名も無き看守」を見て以来、気になっていたこの作品。やっと見ることができた。劇場で見たかったと思う。

 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラ。だが、まだ国内には様々な問題があった。白人のスポーツとされていたラグビーは、黒人にとってはアパルトヘイトの象徴であり、南アのチームは国内の黒人層からは嫌われていた。だが、1年後に南アでラグビーのワールドカップが開催されることを知ったマンデラは、国を一つにまとめ上げるには、ワールドカップで勝つことが重要と考え…

 このチームを、全国民に受け入れてもらうためには、まず子供達に好かれなくてはならないと考えたマンデラは、黒人居住地区へ選手を派遣し、子供達にラグビーの指導をさせる。選手を身近に感じた子供達は、当然のようにチームのファンとなる。この行動は、今まで特権階級として何不自由なく暮らしていた選手達に、貧しい暮らしを強いられている黒人たちの生活を見せることでもある。黒人居住地区の様子は、まさに「第9地区」のエイリアン居住地区とそっくりだ。「第9地区」のエイリアン居住地区は、明らかに南アの黒人居住地区がモデルになっているのだろう。

 マンデラ役にモーガン・フリーマン。実際のマンデラと結構似ている。チームリーダー役にマット・デイモン。ラグビーのルールは良くわからないのだが、それでも迫力あるシーンはなかなか楽しめるし、感動的である。

 マンデラ氏は実に素晴らしい人物である。自分自身が、白人達から迫害され、27年間も投獄されていたにもかかわらず、国をまとめ上げるためにそれらを全て許すと言うのだ。「変わるべき時に私自身が変われないなら、人々に変化を求められません」。なかなか言えることではない。私利私欲を捨て、国を一つにまとめ上げるために全力を尽くす。今日本に欲しいのは、こういうリーダーである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手作りグミ

Photo_8 どうも生協の罠にはまっている気がしてならないのだが、共同購入のカタログに「手作りグミキット」を見つけて、ついつい購入してしまった。結局、このグミの型が欲しかっただけなのだが…

 で、レシピもついていたので、さっそくハチミツレモングミに挑戦。見た目それっぽい感じではあるのだが、やはり市販のグミとはだいぶ違う食感… 言ってみれば、固めのゼリー。想像していた通りではある。でもまぁ、簡単に作れるし、これはこれで美味しいしと子供達に慰められ…

 紅茶グミとか、カフェオレグミとか、いろいろなレシピが載っていたので、チャレンジしてみよう…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ずんだプリッツ

Photo_7 夫が出張で仙台へ行った際、お土産に買ってきてくれた。東北地区限定らしい。ちょっと小さめなプリッツである。味はと言えば、まさに「ずんだ」。と言っても、甘くはなく、塩味なので、おつまみにもいい感じ。私も夫も上の子もかなり気に入ったのだが、下の子だけは、どうも苦手らしい。枝豆は好きなのにねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のお味噌

Photo 一昨年だっただろうか、友達に教えてもらって始めてお味噌を作ってみた。残念ながらそれは失敗してしまったのだが、ちょうど生協で「味噌作りセット」を売っていたので即購入。その時作ったお味噌が、なかなかうまく行ったので、去年もそのセットを購入し、作ったのがこれ。

 最初の年は、よくわからなかったので、とりあえずセットに書いてあった通りの作り方で作ってみた。去年は、バーミックスの料理本にも味噌作りが載っていることに気づき、それを見ながらバーミックスを使用して作ってみた。昆布を入れると美味しいと言うことだったので、入れてみたのだが、これがなかなかいい。今年の夏は特に暑かったせいか、色もいい感じに熟成している。

 さて、今年もそろそろ味噌を仕込まなくては。また昆布を入れてみよう。ただ、本には大きな昆布を敷いていたのだが、これだと途中で混ぜる時に面倒なので、今回はもう少し小さく切って混ぜてみようと思う。使うときもそのまま具になるし。うまくいきますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

[ド] ナース・ジャッキー #12

 1シーズン12話ということで、もう最終回。あっけなく不倫であることが、エディにバレてしまったジャッキー。どうするのかと思ったら…

 発作的にやったことなのか、もうこれしか道はないと思ったのか、なんなのかわからないけれど、あまりに突飛な行動にかなりの衝撃。でもまだまだ次のシーズンがあるので、これで終わりということはなさそう。ますます続きが気になる。

 それにしてもすごいのが、エディの代わりにやってきた薬局のマシン。アメリカではもう薬剤師が必要ない世界なんだろうか。確かに、人を雇うよりは、機械の方が正確だし人件費もかからない。日本もいつかこういう日が来るのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] 正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

 アメリカを舞台に、移民という問題を軸に、さまざまな人たちのできごとを描いた作品。一応ハリソン・フォードが主演なので、その物語が中心なのだが、それぞれの出来事が深く考えさせるので、なかなか見応えのある作品だ。

 舞台はロサンゼルス。移民税関捜査局(I.C.E.)のベテラン捜査官マックス・ブローガンは、不法滞在の移民たちを取り締まる身ながら、彼らに同情し、その後を気遣ったりしていた。ある日、メキシコからの不法入国者ミレヤを拘束するが、彼女に頼まれ、幼い息子の様子を見に行く。ミレヤが強制送還されたと聞き、息子をメキシコまで送り届けるのだが… そんなある日、同僚ハミドの妹が殺害される事件が発生。独自に捜査を始めるマックスだったが…
 女優志望のオーストラリア人クレアは、グリーンカードを手に入れるため、偶然知り合った移民判定官コールと関係を持つ。クレアの恋人ギャビンは、グリーンカードを手に入れるため、ユダヤ教のラビだと嘘をつく。パレスチナ人のタスリマは、高校の授業で911のテロ犯の主張を擁護したため、FBIの家宅捜索を受けた上に拘束。強制送還を余儀なくされる。韓国人の青年ヨン・キムは、市民権を得る直前にもかかわらず、不良仲間に誘われてコンビニ強盗に参加。たまたま居合わせたハミドに追いつめられ…


 登場人物達が、みんなそれぞれどこかちょっとだけつながっているタイプの物語だ。共通点は移民に関係していると言う点。グリーンカード取得のため、躍起になる者、とにかくアメリカで働いて稼ぎたい者、特にグリーンカードに魅力を感じていない者、彼らを取り締まる者など、それぞれの立場で描かれている。運良くグリーンカードを手に入れられた者もいれば、悲惨な結果になった者、グリーンカードの重みを始めて実感した者もいる。不条理と言えばそうなのだが、いかにもアメリカの現実という感じがする。

 マックス役にハリソン・フォード。移民判定官コール役にレイ・リオッタ。彼の妻デニース役にアシュレイ・ジャド。

 同じ家族でも、市民権を持たぬ両親・長女と、アメリカで生まれたため市民権がある妹弟とで立場が全く変わってしまう。この一家がバラバラになる姿、メキシコから息子のために舞い戻ったミレヤの末路は、本当にいたたまれないし、運良くラビとして認められてしまったギャビンは調子良いとしか思えない。だが、デニースが養女に迎えた少女には、幸せになって欲しいと思うし、韓国人青年ヨン・キムには二度と道を踏み外さないで欲しい。いろいろな想いが交差する作品だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

[映] バッド・ルーテナント

 うーん、タイトルとニコラス・ケイジに惹かれて見たのだけれど、はっきり言って面白くなかった。絶賛する人も多いようで、いろいろな人の意見を読んだのだけれど、やっぱり私には面白いと思えなかった。

 巨大ハリケーン・カトリーナの襲来を受けたニューオリンズ。警察署が水没し、取り残された容疑者を救い出した刑事のテレンス・マクドノーは、表彰され、警部補に昇進。だが、腰を痛めた彼は鎮痛剤が手放せない身となり、それが次第にエスカレート。押収したドラッグにも手を出すように。さらに、スポーツ賭博にものめり込み、借金を重ねる。そんなある日、セネガルからの不法移民一家5人が惨殺される事件が起こり、指揮を任されることになるのだが…

 悪徳警官ということで、シールドのマッキーみたいなのを想像していたのだが、あちらが筋の通ったワルであったのに対し、この男は自堕落なしょうもないヤツである。ドラッグにおぼれ、娼婦におぼれ、ギャンブルにおぼれ、どんどん落ちていくのだが、それでもなんだか最後にはうまく行ってしまい昇進。なんだかなぁ。人生なんてそんなもんなのかもしれないし、そういうヤツも確かにいるのかも知れないけれど…

 娼婦フランキー役にエヴァ・メンデス。パートナー役にヴァル・キルマー。警官ハイジ役にファイルーザ・バルク。父の妻(母? 後妻?)役にジェニファー・クーリッジ(ジョーイのボビー)。

 見ていてちっとも面白いと思えず、ドラッグでラリって捜査したり、何の罪のない人を殺すと脅して情報を得たり、こんな警部補いたらヤだなぁと思ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

[ド] ウォーキング・デッド 最終話

 ゾンビ物ながら、かなりの高評価を得ているこの作品。シーズン1は全6話ということで、結末を楽しみにしていたのだが… この6話で解決するワケではないのね(^o^;。

 妻子と合流できたリックだが、そこにいても未来はないと考え始める。ウォーカーの襲撃で負傷してしまった仲間のために、CDC(疾病管理予防センター)へ行けば何かわかるかもと考えた一行。数台の車に乗り込みなんとかたどり着くが、そこにいたのはたった一人の研究員だった…

 この人も一人で頑張って研究を続けてはいたようだが、結局、原因も対策法も見つけられず、しかも電力がつきてしまってタイムアウトという結末。なんだかなー、これで終わりかよ~と思ったら、シーズン2が作られているようだ。やっぱりね。

 と言うことで、彼らの旅はまだまだ続くのである。リックの同僚シェーンと、リックの妻ローリーとの関係もあり、まだまだ先が気になる。そう考えると、「ジェリコ」に似ている感じもするなぁ。果たして彼らに救いはあるのか? 他にも生存者はいるのか? そもそも原因は何なのか? 謎はつきない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・ディナー

Photo
 別にキリスト教徒でもなんでもないが、やっぱりクリスマスにはちょっとだけご馳走を食べたい。何年も前だが、母がお歳暮でローストターキー(七面鳥の丸焼き!)を送ってくれた。何度か送ってもらったのだが、今は扱っているところがないらしい。残念に思っていると、生協のお正月・クリスマス注文書にローストチキンが載っているのを発見。以来、ずっとこのローストチキンを注文するのが恒例となった。お手ごろ価格なのだが、なかなかジューシーで美味しい。年々小さくなっている気はするが、価格は据え置き。まぁしょうがない。

 ケーキは、スポンジ台を購入、飾り付けだけしてみた。昔は子供達が手伝ってくれたのになーと思いつつ… フルーツ缶が少し余ったので、ついでにゼリーも作ってみた。アボカドのディップでトルティーヤチップスをつまみつつ、ローストチキンを味わう。テレビでは無人島生活やってるけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月20日 (月)

[映] トロン:レガシー

 公開前からとっても楽しみにしていたこの作品。シネプレーゴで3Dも見られるようになり、ワクワクしていたのだが… なんと吹き替え版のみの上映。ちょっと酷くない? かといって、静岡まで見に行くガッツもなく、やむなく吹き替え版をみることに。

 デジタル業界最大手、エンコム社のCEOケヴィン・フリンは、幼い息子サムを残したまま、ある日突然失踪。そして20年後、ケヴィンの同僚アランの元に、ケヴィンからと思われる連絡が入る。27歳に成長したサムは、父の消息を追うため、かつてのゲームセンターへ行くと、そこでケヴィンの隠しオフィスを発見。古いコンピュータをいじっていると、作動し、ケヴィンが想像した理想郷、グリッドへと取り込まれてしまう…

 まず、期待していた3Dはなかなかすごい。旧作品にも出てきたレースシーンも、もっとパワーアップしたものが見られるし、スターウォーズのパロかと思うようなシーンもある。そういう意味では確かに楽しめた。

 で、肝心のストーリーの方だが、こちらはどうだろう、それほど深い内容とも思えなかった。
父を捜してグリッドの世界に迷い込んだサムが、父が作り上げた世界で、父が作った独裁者クルーと戦う物語なのだが、比較的あっさりと終わってしまう。やはり映像重視という感じ。

 前作同様、ケヴィン・フリン役を演じたジェフ・ブリッジス。クルー役も演じており、設定上、年を取っていないと言うことでの若メイク。どうやったのか知らないが、確かに若い。すごいね。ただ、ジェフ・ブリッジスファンとしては、この顔好きじゃない。確かに若い頃の彼に結構近いものはあるけれど、やっぱなんか違う。あの若メイクよりは、今の年を重ねた顔の方がずっといいな。

 クオラ役にオリヴィア・ワイルド。アラン役にブルース・ボックスライトナー(バビロン5のジョン・シェリダン)。ジャーヴィス役にジェームズ・フレイン(TUDORSのクロムウェルなど)。ズース役にマイケル・シーン(「フロスト/ニクソン」のデヴィッド・フロストなど)。

 映像が綺麗なので見応えはあったが、ストーリーとしては薄っぺらいかな。まぁこんなもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日 (金)

[映] エディ・マーフィの劇的一週間

 ちょっと楽しめるBムービー。特別面白いってわけではないけれど、ちょっと温かい気持ちになれる物語だ。

 金融会社のエリート社員エヴァン。離婚後、1人娘オリヴィアを交代で預かってはいるものの、どう接して良いのかよくわからず。そんなある日、同僚のジョニーが業績を上げ始め、ライバル台頭、エヴァンの地位を脅かす事態に。だが、オリヴィアの「空想の友達」が、投資対象の企業ついて的確なアドバイスをしていることに気づく。そこで、その情報を得るため、オリヴィアと一緒に空想の友達との遊びにつき合うことにしたエヴァン。その情報で、すっかり信頼を回復するのだが…

 その空想の友達というのが少々怪しいが(^o^;、そのおかげでエヴァンはオリヴィアとの時間を大切に思うようになり… と言うストーリーである。仕事一辺倒のエリート社員が、子供の扱いに困ると言うのはわかる気はするが、「エディ・マーフィーが子供の扱いに困る」と言うのが、ちょっとミスマッチな感じ。明らかにうまそうなんだもん。

 と言うことで、ちょっと心温まるストーリーなのだが、なにより素晴らしいのは、オリヴィア役のヤラ・シャヒディ。なんとも可愛らしい。その他、ライバルの同僚役に、トーマス・ヘイデン・チャーチ。友人の妻役で、ヴァネッサ・ウィリアムス(メルローズ・プレイスのロンダ)。ダンテ役にマーティン・シーン。

 ちょっと時間のある時に家族で見るにはいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] パラノーマル・アクティビティ

 ブレア・ウィッチ~系の作品。ドキュメンタリー風ということで、本物だと思って見れば確かに怖いかも。ただ、この手の手ぶれ映像は、酔う。映画館で見なくて良かったと、心底思った。

 一軒家に暮らす若いカップル、ミカとケイティ。二人は、毎夜のように起こる怪現象に悩まされ、それを突き止めようと、ビデオカメラでの撮影を開始。少女時代にも同じような体験があるケイティは、原因が自分にあるのではと思い始める。そして記録された映像に映った物は…

 子どもの頃からそういう現象に悩まされていたと言う割には、最初、ケイティはずいぶんと明るい。二人を見る限り、悩まされていると言う印象は全くなく、ラブラブぶりを見せつけてくれたりして、楽しげに撮影している。この辺り、ちょっと妙ではある。

 寝ている間に怪現象が起きるのなら、寝ている間だけ撮影すればいいじゃんと思うのだが、まぁそれじゃぁ映画として楽しめないので、昼間の様子も撮影ということになっているのだろう。だが、こういう怖くない映像が延々と続き、最後の最後に怖いシーンがドンとくる。

 確かに、本物っぽいホラーという意味では、なかなか楽しめるのかもしれない。だが、どうもこの手ぶれ映像は苦手だ。今回も、酔った。途中から寝っ転がったり、少し休んだり、どうでもいいところは早送りしてなんとか最後まで見た。低予算映画でこれだけヒットすれば、かなりの収益だろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[映] かいじゅうたちのいるところ

 特に期待していたわけではないが、ベストセラー絵本が原作ということで、きっと深い内容のはずと思っていたので、ちょっとハズされた感じ。

 8歳の少年マックスは、母親と姉と3人暮らし。忙しい母親にも、思春期の姉にも相手にしてもらえず、寂しい毎日を過ごしていた。ある日、夕食に恋人を連れてきた母親。そのためか、ダダをこねて困らせるマックスに、母親は激怒。思わず家を飛び出したマックスは、見つけたボートに乗って海へ。そして、見知らぬ島へたどり着く。そこには、大きな体の、不思議なかいじゅうたちが暮らしていた…

 冒頭はなかなか興味深い。少々情緒不安定に見えるマックスだが、明らかに寂しいのだと思う。誰にも相手にしてもらえないと感じている。それはおそらく、両親の離婚に関係しているのだろう。家計のために働きに出ている母親は、息子に構う余裕がない。また、姉はすでに思春期であり、幼い弟の相手にはならない。友達はいないのか?と思うのだが、その辺もなにか事情があるのかもしれない。

 そんなマックスが、ついに家を飛び出し、ボートに乗ってかいじゅうのいる島へ… ってこの辺は明らかに絵本らしいストーリーだが、まぁヨシとしよう。そこで、かいじゅうたちと過ごすことで、なんでも自分の思い通りになるわけではないと言うことを学び、帰宅すると言うお話らしい。だが、この一番重要である、かいじゅうたちとのシーンが、イマヒトツわかりにくい。かいじゅうたちも、昔の子供番組にでてくる着ぐるみみたいで、どうもパッとしない。絵本のかいじゅうのイメージそのまんまらしいので、愛読者には馴染みの姿なのかもしれないが、つくりがどうも安っぽい。

 かいじゅうたちに食べられないために、王だと嘘をつくマックス。王として、楽しい王国を作ろうとするのだが、そううまくは行かず、逃げ帰る。これで、本当にマックスは学んだのだろうか。嘘つくと結局ばれて身に危険が及ぶと言う教訓は得たのかもしれない。だが、それでまたあの寂しい家庭に戻って、うまく対処できるのだろうか。マックスが家を飛び出して、心底心配した母親が、少しマックスを気遣うようになるのだろうか。マックスの本当の本題を、もう少し掘り下げて欲しかった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

[映] ロビン・フッド

 今更ロビン・フッドと聞いてもあまりそそられるものはない。どうもケビン・コスナーの時のイメージが強いし、森に住んで弓持って戦う人? くらいの感じで、あまり興味なかったのだが、なんたって今回はラッセル・クロウだし、公開初日に仕事もちょうど休みであったので、ちょっとした好奇心から見に行くことに。これは、良い意味で予想を裏切られた。なかなか見応えのある作品である。

 12世紀末。英国リチャード王率いる十字軍の射手としてフランスで戦っていたロビン・ロングストライドは、戦闘中にリチャード王が殺されたことを知り、仲間と共に故郷へ逃げ帰ることに。だがその途中、王の側近らが王冠を持ち帰る途中で何者かに襲撃されたところに遭遇。瀕死のロバート・ロクスリーから、ノッティンガムの領主である父の所へ、黙って持ち出した剣を届けて欲しいと頼まれる。やむなく引き受けることにしたロビンだったが、息子の死を知ったウォルターから、ロバートの身代わりを頼まれることに。
 一方、兄リチャードの死で、王位を得た弟ジョン。全く戦闘経験の無い彼は、参謀の忠告に耳を貸さず、無理な課税をしたために民衆の恨みを買ってしまう…

 ロビン・フッドができるまで、と言う感じの物語だ。一兵士に過ぎなかったロビンが、ひょんなことからロバート・ロクスリーの身代わりとなり、民衆をまとめ上げてフランスの陰謀と戦うのだが、勝利を収めた国王は彼らを裏切ったため、森へ入ると言う設定らしい。

 なんと言っても、ラッセル・クロウ演ずるロビンがとにかく格好いい。身分の低い兵士であった彼だが、戦闘能力に加え、頭もいい。なにより世渡り上手である。そして、彼の父にまつわる話があとでわかるのだが、これがまた感動的である。マグナカルタについて、もうちょっと勉強しておくんだったと思った。
 ある日やってきた見知らぬ男を、突然夫の身代わりにすると言い出す義父に腹を立てるマリアンも面白い。当然のことながら、最初は嫌悪感をあらわにするマリアンだったが、領民たちに親身になるロビンの姿に、次第にひかれていく。

 ロビン役にラッセル・クロウ。マリアン役にケイト・ブランシェット。ウォルター役にマックス・フォン・シドー。王の参謀マーシャル役にウィリアム・ハート。ジョン王の親友ながら、フランス軍の手引きをする悪役ゴドフリー役に、マーク・ストロング。最近よく見る、気になる役者さんだ。リチャード王役にダニー・ヒューストン。ロビンの仲間ウィル役で、ERのモリスでお馴染みスコット・グライムス。なかなか活躍する役である。そして! 本物のロバート・ロクスリー役で、キャピタル・シティのデクランでお馴染み、ダグラス・ホッジが。

 ラッセル・クロウの弓を放つシーンもいいし、ロビンとマリアンの関係もいい。戦闘シーンも迫力満点だし、ストーリーも感動的だ。140分とちょっと長め(ディレクターズカットは156分らしい)だが、飽きるところが全くなかった。大画面で見ることをおすすめする。



| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »