« クリスマス・ディナー | トップページ | [映] バッド・ルーテナント »

2010年12月24日 (金)

[ド] ウォーキング・デッド 最終話

 ゾンビ物ながら、かなりの高評価を得ているこの作品。シーズン1は全6話ということで、結末を楽しみにしていたのだが… この6話で解決するワケではないのね(^o^;。

 妻子と合流できたリックだが、そこにいても未来はないと考え始める。ウォーカーの襲撃で負傷してしまった仲間のために、CDC(疾病管理予防センター)へ行けば何かわかるかもと考えた一行。数台の車に乗り込みなんとかたどり着くが、そこにいたのはたった一人の研究員だった…

 この人も一人で頑張って研究を続けてはいたようだが、結局、原因も対策法も見つけられず、しかも電力がつきてしまってタイムアウトという結末。なんだかなー、これで終わりかよ~と思ったら、シーズン2が作られているようだ。やっぱりね。

 と言うことで、彼らの旅はまだまだ続くのである。リックの同僚シェーンと、リックの妻ローリーとの関係もあり、まだまだ先が気になる。そう考えると、「ジェリコ」に似ている感じもするなぁ。果たして彼らに救いはあるのか? 他にも生存者はいるのか? そもそも原因は何なのか? 謎はつきない。

|

« クリスマス・ディナー | トップページ | [映] バッド・ルーテナント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] ウォーキング・デッド 最終話:

« クリスマス・ディナー | トップページ | [映] バッド・ルーテナント »