« [映] かいじゅうたちのいるところ | トップページ | [映] エディ・マーフィの劇的一週間 »

2010年12月17日 (金)

[映] パラノーマル・アクティビティ

 ブレア・ウィッチ~系の作品。ドキュメンタリー風ということで、本物だと思って見れば確かに怖いかも。ただ、この手の手ぶれ映像は、酔う。映画館で見なくて良かったと、心底思った。

 一軒家に暮らす若いカップル、ミカとケイティ。二人は、毎夜のように起こる怪現象に悩まされ、それを突き止めようと、ビデオカメラでの撮影を開始。少女時代にも同じような体験があるケイティは、原因が自分にあるのではと思い始める。そして記録された映像に映った物は…

 子どもの頃からそういう現象に悩まされていたと言う割には、最初、ケイティはずいぶんと明るい。二人を見る限り、悩まされていると言う印象は全くなく、ラブラブぶりを見せつけてくれたりして、楽しげに撮影している。この辺り、ちょっと妙ではある。

 寝ている間に怪現象が起きるのなら、寝ている間だけ撮影すればいいじゃんと思うのだが、まぁそれじゃぁ映画として楽しめないので、昼間の様子も撮影ということになっているのだろう。だが、こういう怖くない映像が延々と続き、最後の最後に怖いシーンがドンとくる。

 確かに、本物っぽいホラーという意味では、なかなか楽しめるのかもしれない。だが、どうもこの手ぶれ映像は苦手だ。今回も、酔った。途中から寝っ転がったり、少し休んだり、どうでもいいところは早送りしてなんとか最後まで見た。低予算映画でこれだけヒットすれば、かなりの収益だろうね。

|

« [映] かいじゅうたちのいるところ | トップページ | [映] エディ・マーフィの劇的一週間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] パラノーマル・アクティビティ:

« [映] かいじゅうたちのいるところ | トップページ | [映] エディ・マーフィの劇的一週間 »