« [映] くもりときどきミートボール | トップページ | [ド] プリズン・ブレイク4 #24 »

2011年1月20日 (木)

[映] ソーシャル・ネットワーク

 アンストッパブルとどっちを見ようか考えたのだが、映画館へ行く当日、ゴールデングローブ賞受賞の話を聞き、それではとこちらにしてみた。なかなか見応えがあった。フェイスブックを作った人物を、実話に基づいて描いた作品。

 2003年。ハーバード大2年のマーク・ザッカーバーグは、ガールフレンドに振られた腹いせに、悪口をブログに書き込む。さらに、大学の女子寮のサイトにハッキングし、女子学生の写真をダウンロード、ルックスを比べてランキングすると言うサイト「フェイスマッシュ」を立ち上げる。このサイトはアッという間に大人気となり、そのことに目を付けた資産家の御曹司、双子のウィンクルボス兄弟らが自分たちのチームに誘う。それは、「ハーバードコネクション」と言う学内専用の出会い系サイトを立ち上げようと言うもの。すぐに誘いに乗るマークだったが、そのアイデアを元に、独自のサイト、「フェイスブック」をこっそり立ち上げ、ネット上に公開。たちまち大人気となってしまう…

 フェイスブックと言うのはSNSの先駆けであり、自己紹介のようなページがある。趣味とか特技とかと共に、つき合っている人がいるかと言うような情報を載せることで、友達作りや、恋愛に利用できるようなものらしい。日本ではあまり馴染みがないが、アメリカの若者の間ではかなり流行っているようで、ドラマや映画などにもよく出てくる。高校生がお目当ての相手をフェイスブックで見つけて、彼氏(や彼女)がいるかどうか、好きなことなどを確認して、アタックしてたりする。

 フェイスブックは世界的に大ヒットし、それを若くして作り上げたマーク・ザッカーバーグはなるほど天才である。先を見る目を持っているし、そういう意味ではすごい人物なのだろうが、人間的に少々(かなり?)問題があるように思える。相手の気持ちを全く考えないのだ。気がつかないのか、気にしていないのか、どちらとも言えないが、完全に自己中な人間である。考え方はなるほど合理的で、言っていることはいちいち正しい。だが彼には人情がない。

 そもそもガールフレンドに振られたのも、この人間性のため。先輩を裏切り、親友を裏切り、憧れの人をも裏切る。考えているのは自分のことばかり。年を重ねて、周りに目が向けられる人間になってくれればと、親のような気持ちで見てしまった。

 マーク役のジェシー・アイゼンバーグは、マーク本人とかなり似ている。双子のウィンクルボス兄弟役は、アーミー・ハマーの一人二役らしいが、部分的にタイラー役をジョッシュ・ペンスがやっているらしい。(体だけとか?最初の方かな?) また、ナップスターを立ち上げたショーン・パーカー役にジャスティン・ティンバーレイク。

 内容的にはとても見応えがあり、楽しめたのだが、何しろ早口。字幕を読もうとするとかなり疲れるので、慣れない方は注意。エンディング曲に、ビートルズの"Baby you're a rich man"が使われていて、ちょっとうれしい。

 
 

|

« [映] くもりときどきミートボール | トップページ | [ド] プリズン・ブレイク4 #24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ソーシャル・ネットワーク:

» 映画:ソーシャル・ネットワーク [よしなしごと]
 世界最大SNS・Facebookの創設者マーク・ザッカーバーグがFacebookを作る過程を描いた作品ソーシャル・ネットワーク、観た人に「フェースブック」を知らなくても楽しめるかを確認した後、観てきました。... [続きを読む]

受信: 2011年2月 8日 (火) 11:57

» 『ソーシャル・ネットワーク』'10・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじハーバード大生のマークは、彼女に振られた腹いせに女子の品定めサークルをネットに立ち上げるが・・・。感想世界最大のSNSフェイスブックの生みの親で史上最年少億万長... [続きを読む]

受信: 2011年2月 9日 (水) 21:07

« [映] くもりときどきミートボール | トップページ | [ド] プリズン・ブレイク4 #24 »