« [映] ソーシャル・ネットワーク | トップページ | [映] バレンタインデー »

2011年1月22日 (土)

[ド] プリズン・ブレイク4 #24

 ついに終わったプリズン・ブレイク。シーズン1では、兄を助け出すと言う目的のために、体中にした入れ墨を使い、頭脳明晰なマイケルが刑務所内で活躍。ついに脱走に成功するが、追われる身となった二人が逃走するシーズン2。そして逃げ切るかと思ったところで、今度はマイケルがパナマで刑務所へ入れられてしまい、そこから脱出するシーズン3。

 なんとかそこを逃げ出したマイケルだったが、またまた捕まってしまい、自由と引き替えにスキュラなる装置を盗み出すよう強要されるところから始まる。マイケルとリンカーン、サラ、そして元FBIのマホーンでチームを組まされると言う、何でもありの展開である。だって、囚人と医者と元FBIだよ。そこに、T-バッグやら、スクレやらが絡み、さらにマイケルとリンカーンの母が登場。将軍なる謎の組織のボスも登場し、最後はあのケラーマンに救われると言う…

 #22では、自由になった彼らなのだが、5年後と言う映像が出て終わる。私はてっきりこれで最終話なのだと思ったのだが、そうでは無かった。まだ2話あるのだ。#23では、めでたく結婚式を挙げたマイケルとサラ。だがその直後、サラが逮捕されてしまう。しかも、まだ裁判前だというのに、いきなり刑務所に入れられてしまうのだ。なんだかなぁ、みんな一度は刑務所は入れってか。と言うワケで、#23、#24は、サラの刑務所生活。そしてそれをマイケルが救う。ううむ、この2話は無くても良かったかも。

 シーズン1はとにかく面白かった。脱獄出来るのか否か、一番気になるところだったし、マイケルの機転や、刑務所でのハプニングなど、見所満載だった。だが、脱獄してからのシーズンは、惰性で続いている感じもあった。特にシーズン3、4は謎の組織がやたらと出てきて、スケールがでかくなってる割には、何を巡っての争いなのかが良くわからなかった。とはいえ、とりあえずちゃんとした結末があって良かったと思う。

 それにしてもマイケルって不運な人だなぁと思う。せっかくの才能が…

|

« [映] ソーシャル・ネットワーク | トップページ | [映] バレンタインデー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [ド] プリズン・ブレイク4 #24:

« [映] ソーシャル・ネットワーク | トップページ | [映] バレンタインデー »