« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール4 #27 最終回 | トップページ | [ド] グッドワイフ #23 »

2011年3月26日 (土)

[映] ミレニアム 3部作

 映画なのかドラマなのかよくわからなかったのだが、とりあえず長いので映画? AXNミステリーで一度放送されたのを見るつもりだったのだが、なんとなく見そびれ、WOWOWで一挙放送があったので、再チャレンジ。スウェーデンの作品ということで、言葉がわからないと言うこともあり、最初は取っつきにくいかなと思ったが、ベストセラーが原作と言うだけあって、なかなか見応えある作品だった。

「ミレニアム ドラゴン・タトゥの女」
主人公であるリスベットと、雑誌記者ミカエルの出会い、その後二人が協力して、ある少女失踪事件の真相を解明する。

「ミレニアム 火と戯れる女」
前作から1年後、リスベットと連絡をとれずにいたミカエルは、彼女が殺人事件の容疑者にされていることを知る。彼女の無実を信じたミカエルは、独自に捜査。そこにはリスベットの実の父が関与していたことがわかる。

「ミレニアム 眠れる女と狂卓の騎士」
前作で、瀕死の重傷を負ったリスベットだったが、再び過去を持ち出さされ、父親の殺害未遂で起訴されてしまう。ミカエルは、彼女の過去を調べ、彼女の不遇の過去が明らかとなる。

 リスベットは強烈な個性を持った人物で、ものすごく惹きつけられる。特別美人というわけでもなく、どう考えても社交的な人間ではない。口数も少なく、友達も少ない。だが頭脳明晰、そしてかなりタフである。ハッキングの才能を活かして、調査などの仕事をしているらしい。彼女を見て、「グッドワイフ」のカリンダを思い出した。まさにああいう感じ。

 レイプシーンやセックスシーン、残酷なシーンなど非常に暴力的なシーンが多い。だが、一見か細いリスベットが、いかにしてこの苦境を、たった一人で乗り切ってきたのかを考えると、3作目のエンディングは感動的だ。

 名前が覚えにくいし、最初はちょっと苦労したが、3作を全部見た方がいい。見る価値はある。

|

« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール4 #27 最終回 | トップページ | [ド] グッドワイフ #23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ミレニアム 3部作:

» 「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 [セレンディピティ ダイアリー]
DVDで、スウェーデン発のミステリー映画、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」 [続きを読む]

受信: 2011年12月11日 (日) 14:47

« [ド] マイ・ネーム・イズ・アール4 #27 最終回 | トップページ | [ド] グッドワイフ #23 »