« [ド] グッドワイフ #23 | トップページ | 引っ越し »

2011年3月26日 (土)

[映] ダーリンは外国人

 あまり日本の映画は見ないのだが、原作マンガを楽しく読んでいたので、ちょっと見てみようと言う気になった。これはこれで面白いのだろうが、原作マンガのノリを想像していたので、ちょっと期待はずれかな。

 イラストレーターのさおりは、語学オタクの外国人トニー知り合い、つき合うように。一緒に暮らすようになるが、文化の違いからお互いの気持ちがすれ違うようになり…

 と言う、多分実話に基づいたお話なんだろうと思う。ラブコメとして見れば、それなりに面白い。確かに外国人とつき合えばいろいろ大変なことはあるだろう。言葉の違いや文化の違い、習慣の違い。でも、相手は日本大好きな外国人なわけで、そういう点ではかなり恵まれている。日本で暮らすことになるんだろうし、相手は日本語がペラペラ。漢字にも詳しいし、文化についてもかなり意欲的に学習しているようだし、日本で暮らして特別困ることもなさそうだ。何が問題なのか、何を悩んでいるのかがイマヒトツわからず。

 おそらく、父親に反対されたことが、彼への気持ちをネガティブなものに変えてしまったのだろうと思うのだが、母親はかなり好意的だし、すでに一緒に住んでいるほどの行動派なのに、何を気にしているんだろうと思う。私自身、結婚の話をしたときにはかなり反対され(こんなもんゃなかった)、親と一緒に住んでいたので、もっと険悪な感じだった。それでも今となっては、「そうだっけ~?」ってなもんだ。親なんてそんなもの。最初は反対するもんだ。

 さおりの姉の結婚式で、神父さんの役をやっていたのは、トニー・ラズロさんご本人だね!!

 私としては、もっと原作マンガのおもしろさを全面に出して欲しかったな。外国人と暮らして初めてわかる、面白いトリビアを見せるコメディでも良かったんじゃないかと思う。妙にシリアスにしてしまった点が、私にはちょっと残念だった。

|

« [ド] グッドワイフ #23 | トップページ | 引っ越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ダーリンは外国人:

« [ド] グッドワイフ #23 | トップページ | 引っ越し »