« 引っ越し | トップページ | [映] ザ・ウォーカー »

2011年4月 2日 (土)

大学入試~合格発表 眠れぬ日々を思い出して

 もっと前に書くつもりだったのだが、震災の騒動でそれどころではなくなってしまった。被災地域はまだまだ大変だとは思うが、こちらはとりあえず平常に戻りつつあり、上の子も新生活が始まってちょっと落ち着いたところなので、忘れないうちに書いておこうと思う。今後のためにも。

 国立大学の前期入試は2月25日(金)、26日(土)だった。場所は本郷キャンパス。前日の24日に上の子と二人で出発し、実家へ。なにせお上りさんな上に方向音痴の上の子。実は私自身、受験の時、下見したにもかかわらず、横浜から東横線に乗るハズが、気づいたら品川駅だった(京浜東北線に乗っちゃったんだな、これが)という人間なので、遺伝なのか? 何校も受験した私と違い、第一志望校一本しか受けない上の子、ミスは許されない。とにかく心配なので、試験当日も会場までついていくことにした。

 なんたって遅刻常習者である。起きるまでが長い。起こす時間をかなり早めに設定。私はさらに早めに起きて母と一緒にお弁当を作って準備。いつもと変わらない方がいいと言う本人の強い希望で、「お弁当箱」持参である。会場まで40~50分で着くのだが、余裕を持って1時間30分ほど早く出発。満員電車に乗り込み、現地へ。その間、二人ともほとんど無言。変なこと言って動揺させてもいけないし。

 最寄りの駅を降りると、もうすでに大学の門の前からずっと受験生がつながっている。門がまだ開いていないため、大学の塀沿いに列が出来ているのだ。そして歩道の脇には学生新聞や予備校のパンフなどを配る大勢の若者たち。大量のティッシュとキットカットをもらう。すっかりお祭り騒ぎである。しばらく待っていると、列が前へ進み始める。付き添いは中へは入れないので、門のところで見送ったのだが、「行って来るよ」でも「じゃあね」でもなく、全く他人のフリと言う感じでそそくさと中へ入っていく上の子。人混みの中から「がんばってね」と言って送り出した。

 夕方帰宅した上の子の表情は暗かった。数学がかなりヤバいという。今まで何度も模試を受けたが、その中でも一番出来なかったらしい。完全にブルーになってしまった私。とにかく最後まで諦めずにやってとしか言えなかった。だが、様子をうかがいにやってきた弟は、なぜか楽天的。きっと大丈夫だと根拠もなく言う。

 翌朝、上の子を起こしたとき、明らかに体調不良の様子だった。ストレスなのだろう、よく眠れなかったと言う。そのせいか、食欲も全くないし、元気もない。でも何か食べなくてはと言うことで、喉を通りそうなものを物色して食べさせた。そして1日目と同じ時間に出発。電車内ではやはり無言。何て言っていいのか、さっぱりわからない。

 さすがに1日目ほどの騒ぎではなかったが、同じく列に並んで待つ。そしてまた他人のようなふりで入っていく上の子。私は、戦場に子供を送り出す母の気分。って大げさか。「最後までね!」と声をかけるのが精一杯だった。

 夕方帰宅した上の子と、弟一家、私と母で外食。とりあえず終わってやれやれという感じ。あとはなるようにしかならない。意外と晴れやかな表情の上の子。それを見て、絶対大丈夫と言い張る弟。

 3月10日までの12日間は、本当に長かった。後期も申し込んでいたので、後期入試も考え、予定、段取りを考えた。それでもダメだったときに備え、予備校のパンフも捨てずに保存。ぐっすり眠れない日々が続いた。

 そして10日(木)。午後1時の合格発表までがこれまた長い。本当なら見に行きたいところなのだが、後期も受けるとなるとまた行かなくてはならないし… と言うことで、発表は弟が見に行ってくれることに。本人はネットでチェックし、私はレタックスを待った。10時半ごろ、しびれを切らした母から電話が入る。発表10時と思っていたらしい。12時半ごろか、弟から最寄りの駅に着いたと言うメールが入る。すごい人混みで前へ進めないと言う。そして1時少し前、弟から興奮した電話が。「おー、受かってるぞー!」 ほぼ同時に、本人もネットで番号を確認。ドサドサと2Fから降りてきた。

 その後は大騒ぎだ。弟から、再度確認の電話が入る。番号合ってるよねと、受験番号の表示板の写メが届く。何度も見て確認。現地では、胴上げをしていたりして、大変な騒ぎだったらしい。親戚や友人にメールで知らせ、両親に電話。義父などは感動のあまり声が出なくなってしまった。他の高校から一緒に受けた友人も合格していることを確認。そして、そうそう、忘れてたとばかりに夫にもメール(^o^;。結局、レタックスが来たのは夕方5時近くだった。

 すぐに合格最低点が発表になったらしい。それを見て、自分かもと言う上の子。まぁいいじゃない、入ってから頑張りな。合格発表も一番最後だったし、ここまでよく頑張った。と言うか、あれだけ「勉強せずに」よく合格したと言うべきか。

 しばらくは合格気分に浮かれるつもりだった。少なくとも、翌日の昼過ぎまでは平和だった。

 

|

« 引っ越し | トップページ | [映] ザ・ウォーカー »

コメント

先日、入試の時の点数が送られてきて(^o^;。とりあえず最低点ではなかったのだけれど、やっぱ国語がかなり悲惨。センターも国語が酷かった。

それでも、高校入った当初は結構勉強してたんだよー。とりあえず課題はやっていたし。高校入学直後が一番勉強していたかなぁ、家は。

春休みに部屋の片づけをさせていたら、中学入試のために買った過去問がでてきて、よく見たらやった様子全くなし。

投稿: マイキー | 2011年4月21日 (木) 14:07

志望校合格本当におめでとうございます。
併願なしだったとのこと、素晴らしいです。入試にも一人一人ドラマがあるよね。
うちの息子も入試の日は2日間とも言葉少なくて、「厳しいと思う」と言ったきり。まだチャンスはあるから、今日は下見だと言って、
それから発表までの2週間はしっかり勉強したかも。(入試前に勉強してほしいよね、、)
合格発表もうちの子の大学は今時ネット発表がなかったので、大学で直接発表を見られない我が家はレタックスのみ。到着は大学発表より4時間半遅れ。
あれ心臓に悪いよ。開けるとき手が震えてハサミがうまく使えなかった。合格がわかった時の気持ちはなんともいえないよね。
それにしても、よく頑張ったと言いつつ、あれだけ勉強せずによく合格したとマイキーさんが言うのは、なんかわかる。
うちの息子もそんな感じだよ。たぶんそれなりに頑張ったんだろうけど、そんなに勉強してたかな?思えば、中学入試前の2ヶ月が一番勉強してた気がする。

投稿: メイプル | 2011年4月20日 (水) 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/51278756

この記事へのトラックバック一覧です: 大学入試~合格発表 眠れぬ日々を思い出して:

« 引っ越し | トップページ | [映] ザ・ウォーカー »