« [映] セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | [映] 英国王のスピーチ »

2011年5月14日 (土)

[映] 運命のボタン

 WOWOW番組表の解説読んだら、なんだか面白そうなので見てみたのだが… ??? 話が良くわからず、2回も見てしまったのだが、やっぱり良くわからなかった。

 1976年ヴァージニア州。郊外に住む夫婦ノーマとアーサーの家に、早朝、謎の箱が届けられた。中には赤いボタンのついた箱が。その日の夕方、スチュワードと名乗る男がやってくる。顔の左半分が大きくえぐられた状態のこの男、ボタンの装置について説明を始める。ボタンを押すと、誰かが死ぬ代わりに100万ドルをくれると言うのだ。その夜、すぐにアーサーに相談するノーマ。どうすべきか迷った挙げ句、ボタンを押してしまう…

 ノーマは教師。アーサーはNASA?で働く技術者(科学者?)らしい。だが、お金にそれほど余裕はないようだ。一人息子はノーマの勤める学校(おそらく私立)に通わせているが、従業員割引?がなくなると言われ、学費の工面に困る。さらに、アーサーは宇宙飛行士の試験を受けていて、合格確実だったにも関わらず、なぜか不合格。増収も見込めなくなる。そこへ来て、この100万ドルの提案。ノーマは思わずボタンを押してしまうと言うことらしい。死ぬのはどこのどれだかわからないワケだし。ってそういう問題か!?

 70年代、火星探査に力を入れていたアメリカ。そして、雷に打たれてから失踪し、謎の箱を届けて回っているらしい男スチュワード。スチュワードのやっていることを知っている様子のNASA… と言うことで、人類を試す宇宙人ってことか?

 人が死ぬって言ってるのに、100万ドルのために教師がボタンを押すか? 「他人が死ぬ+100万ドル」って言う提案だったのに、息子が聴力と視力を失うと言うのは話が違うのでは? 息子の障害は自分のせいだと一生悔やむのがイヤだからと死を選ぶノーマの気持ちはまだわかるにしても、それを認めるアーサーの気持ちはわからないし、息子の障害を取り除くために妻を殺すだろうか? 納得がいかない作品だ。

|

« [映] セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | [映] 英国王のスピーチ »

コメント

セレンディピティさん
そうそう、キャメロン・ディアス主演。ジェイムズ・マースデンと夫婦ってのもかなり違和感あった。なんかキャメロンの方が老けて見えたので。でも実際は一つしか違わないんだ…

もうちょっと後半頑張ってくれれば楽しめたのになぁと。

手榴弾の件は… やっぱ息子と母の会話って変なのかなぁ(^o^;

投稿: マイキー | 2011年5月15日 (日) 12:26

この作品聞いたことあると思ったら、たしかキャメロン・ディアスが出ていましたね。予告を見た時は、まあまあおもしろそうと思いましたが、お話をうかがうと、どうも後味が悪そうですね。SF?って、当たりはずれがありますね。

↓ 手榴弾爆発のお子さんとの会話、笑いました!
私と息子の会話は、夫から見るとかなりトンチンカンらしいですが、自分たちはそれを自覚していません。(笑)

投稿: セレンディピティ | 2011年5月15日 (日) 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] 運命のボタン:

« [映] セックス・アンド・ザ・シティ2 | トップページ | [映] 英国王のスピーチ »