« [ド] チャック2 #19 | トップページ | 生協の商品リニューアルって!? »

2011年5月 4日 (水)

[映] マイレージ、マイライフ

 2010年のアカデミー賞で話題になった作品。6部門ノミネートながら、受賞はならず。でもなかなかいい作品である。

 企業のリストラ対象者に解雇通告をする「リストラ宣告人」ライアン。アメリカ各地を飛び回り、年間322日は出張という毎日。面倒な人間関係はいっさい持たず、「バックパックに入らない物は背負わない」のがモットー。彼の唯一の目標は、まだ数人しか達成者がいないと言う、マイレージで1000万マイルを貯めること。ある日ライアンは、自分と同様に全国を飛び回っている魅力的な女性アレックスと出逢い、一夜を楽しむ。
 そんな彼が、突然本社に呼び戻された。新人社員ナタリーが、今後は解雇通告をネットで行うと言う合理化案を提案。ライアンの出張は必要なくなってしまうのか…!?


 なんとも嫌な役回りである。本来なら各企業がすべき解雇通告を、一手に引き受け、本人に伝えて回る役目。当然、泣く者、怒る者、取り乱す者、落ち込む者… そんな人たちを前に、優しく、時に厳しく、現実を伝え、今後についての提案をするライアンは、毎日それだけつらい役目を果たしているからこそ、面倒な人間関係を避けたいと思うのかも知れない。

 そんな彼の前に現れた二人の女性。1人は同世代の魅力的なキャリアウーマン、アレックス。すぐに意気投合。一夜の相手のつもりが、たびたび都合を合わせて会うようになる。さらには、今まで封印してきた恋愛感情をも持つようになるのだが…

 もう1人は新人社員ナタリー。新人ながらなかなかのしっかり者で、いちいち出張して解雇通告するなんてお金のムダとばかりにネットで解雇という合理化案を提案。すぐに社長に認められ採用が決まるが、自分が今までしてきたことを全否定されてしまったライアンとしては、黙っていられない。と言うことで、ナタリーはライアンと一緒に出張して解雇通告を実際に見ることに。ここでの二人のやりとりが見所だ。

 自分のポリシー、生き方こそが正しいと信じて疑わなかった男が、あるきっかけで考え方が変わると言う物語だ。ついに1000万マイルを、しかも最年少で貯めることに成功したライアンだったが、達成感というよりは、なんともむなしい表情をする。

 ライアン役にジョージ・クルーニー。アレックス役にヴェラ・ファミーガ。社長役にジェイソン・ベイトマン。1000万マイル達成の時のパイロット役にサム・エリオット。

 派手なアクションもひねったストーリー展開もないが、ちょっと心にしみる作品。

|

« [ド] チャック2 #19 | トップページ | 生協の商品リニューアルって!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] マイレージ、マイライフ:

« [ド] チャック2 #19 | トップページ | 生協の商品リニューアルって!? »