« [映] モールス | トップページ | [映] ゾンビランド »

2011年8月21日 (日)

[映] オールド・ドッグ オレたちイクメン?!

 大物俳優を贅沢に使って、なんだかなぁのがっかりな作品。

 離婚して以来一人暮らしのダンと、独身貴族のチャーリー。2人は若い頃からの親友であり、仕事上もパートナー。日系企業との大事な取引の最中で、忙しい日々を送っていた。そんなある日、離婚直後にダンと一夜の関係を持った女性ヴィッキーがやってくる。彼女には双子の子供がおり、彼らはダンの子であることを告げる。突然の事に動揺しつつも、自分の子の存在に責任を感じるダン。だが、ヴィッキーは2週間服役しなければならず、その間子供達を預かってくれるハズの友人が入院してしまったため、急遽ダンが2人を預かることに…

 今まで子供とは無縁な生活を送っていた中年男性(もっと年か)が、7歳の子供達に振り回されるが、次第に仲良くなり… と言うドタバタコメディだ。

 子育てには体力が必要であり、年取ってからするのは大変だよと言うコミカルな映像がひたすら続き、そのせいで仕事にも支障が出たりするが、やっぱり大切なのは家族だよねと言う結論に落ち着き、仕事もうまく行くと言う、まぁお決まりのパターンだろう。

 大物俳優が、子供達に振り回される姿は滑稽だし、面白く無いわけではないのだが、いまひとつパンチが足りないと言うか、物足りないと言うか。唯一の救いは、悪人が1人もいないこと。みんないい人たちで、その点は見ていて楽しい。

 ダン役にロビン・ウィリアムス。チャーリー役にジョン・トラボルタ。日本語の通訳としてロリ・ローリン(フルハウスのベッキー)が出ていたが、彼女の日本語には完全に無理があった。ダンとチャーリーの会社の従業員としてセス・グリーン。存在理由がよくわからず。ヴィッキーの親友役でリタ・ウィルソン。キャンプ場の隊長(?)役でマット・ディロン。歌うウェイター役の1人はジョン・トラボルタの弟(?)らしい。

 ロビン・ウィリアムスが、得意の芸(?)を披露することもなく、かなりもったいない感じはあるが、そこそこ楽しめる感じもあるので、お暇ならどうぞ。

|

« [映] モールス | トップページ | [映] ゾンビランド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] オールド・ドッグ オレたちイクメン?!:

« [映] モールス | トップページ | [映] ゾンビランド »