« フローズンヨーグルト | トップページ | [映] モールス »

2011年8月18日 (木)

お馬鹿な親子、ある日の会話

 ある夏休みの昼間。トイレの掃除をしている私の背後に忍び寄る下の子(中3である)。足下に襲いかかって(?)曰く、

子「どう、怖かった?」
私「別に」
子「忍び寄る気配しなかったの?」
私「してたけど」
子「普段から背後のゾンビの気配に気を付けてなきゃダメだなぁ~」
私「はぁ? ゾンビいないし」
子「いるかもしれないじゃ~ん」
私「いないしっ

 ったく、未だにゾンビが怖い人である。そのくせ、ゾンビ物が好きらしい。

子「はぁ? 今いないからって、将来もいないとは限らないじゃん! 科学は日々進歩しているんだよ~」
私「科学進歩してもゾンビ作らないし」
子「昔の人が絶対できないと思ったことも、今できるようになってるじゃん」
私「それは確かにあるね~」
子「昔の人は、人が飛べるって思わなかったでしょ、でも今飛べるじゃん」
私「人は未だに飛べないと思うよ。飛行機やヘリが飛べるだけで」
子「もう~、そうじゃなくて、頭を使って飛べるようになるって意味だよ」
私「へぇ~、頭で羽ばたくワケ?」

 そんな会話が延々と続くのであった…

|

« フローズンヨーグルト | トップページ | [映] モールス »

コメント

さらさん
中3にもなって、未だゾンビが怖いと言う幼稚なヤツですが… 常に前向きというか、ポジティブ思考なのは確かですね。根拠のない自信と言うのでしょうか…

投稿: マイキー | 2011年8月19日 (金) 08:39

こんにちは。
前向きな、肯定的な息子さん。
最後の頭を使って飛べるには感心しました。
いけてますね。すごい。

投稿: さら | 2011年8月18日 (木) 11:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/52371336

この記事へのトラックバック一覧です: お馬鹿な親子、ある日の会話:

« フローズンヨーグルト | トップページ | [映] モールス »