« バザー大作戦!? | トップページ | [映] ニューヨーク、狼たちの報酬 »

2011年9月13日 (火)

[映] エグザム

 試験問題は何か? と言う、かなり奇抜な作品だ。製作はイギリス。

 とある大企業の入社試験。最終選考に残った男女8人は、密室に集められた。試験監督は簡単なルールの説明をした後、時計をスタートさせ、立ち去る。試験時間は80分。8人がいざ試験を始めようと目の前の紙を裏返すが、何も書かれていなかった… 出された問題は何なのか? 8人は、問題を見つけるためにあの手この手を使うが…

 試験の問題がわからないって、奇抜な企業ではありそう。何をしていいのか、考え込む8人。1人の女性が紙の裏に、自分をアピールする文章を書き始めるが、即刻失格。そこで残り7人は最初に言われたルールを思い出す。ルールは3つ。

(1)試験監督と警備員に話かけてはならない。
(2)試験用紙を破損してはならない。
(3)部屋から出てはならない。

 試験用紙を破損したと見なされての退場。さぁ、問題は何なのか。困った残りの面々は、初めは協力しあい、次第に他の候補者たちを陥れようとし始める。この辺りの駆け引きと、意外な結末が見所である。

 それにしても低予算だよね。舞台はこの殺風景な密室のみ。登場人物は試験監督と警備員を入れても10人。

 ちょっと「CUBE」を思わせるようなストーリーだね。それよりはずっと平和な感じだが、舞台が密室であり、全てが謎で、登場人物があれこれ想像をふくらませ、協力したり、足を引っ張り合ったりの心理戦。なかなか面白いのだが、ちょっとだけ残念なのが、「流行しているらしい謎の感染症」についてのくだり。その感染症の特効薬(?)を開発したのがこの会社であり、そのために莫大な収益をあげた巨大企業ということらしい。その辺、もう少し突っ込んだ話にしても面白かったかもなーと、ちょっと思った。

|

« バザー大作戦!? | トップページ | [映] ニューヨーク、狼たちの報酬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] エグザム:

« バザー大作戦!? | トップページ | [映] ニューヨーク、狼たちの報酬 »