« [映] ミッドナイト・ミート・トレイン | トップページ | [映] ケース39 招かれざる少女 »

2011年9月19日 (月)

[映] クラバート 闇の魔法学校

 魔法学校という言葉につられ、ハリー・ポッターのようなものを想像しつつ、「闇の」ってついてるからヴォルデモートの学校みたいな感じ? なんて思っていたのだが、ちょっと違った。ドイツの児童文学が原作とのことで、伝説が元になっているらしい。70年代にアニメ化もされていたようで、そちらは好評価なのだが…

 17世紀の中央ヨーロッパ。30年続く戦争によりすっかり荒廃したこの地で、身寄りを失い、物乞いとして生活していた少年クラバート。彼はある日、カラスたちの声に導かれ、峡谷にひっそりたたずむ水車小屋にたどり着いた。そこでは親方が中心となり、11人の青少年たちが粉ひきの仕事を住み込みでしていた。仲間に加わることになったクラバート。つらい仕事を続けるうちに仲間にも認められるようになり、居場所を見つけた喜びに浸るクラバートだったが、やがて親方の正体に気づく…

 児童文学とは言え、かなりダークな世界だ。まず、クラバートの生い立ちからして暗い。詳しくは描かれていないが、家族を失い、物乞いをして暮らす日々。そんな彼を、仲間に入れようと誘うのはカラス。行った先は、なにやら怪しげな水車小屋。粉をひいているが、そこには時に人骨も混じっていたりして、明らかに普通ではない。そして、この親方の正体がわかり、自分の置かれた立場に気づいたクラバートは、立ちあがる決意をする。

 かなりダークではあるが、ストーリーは面白い。青年達のキャラクター設定も巧みで、最後はなかなか感動的。

 クラバート役に、デヴィッド・クロス。「愛を読むひと」で、ケイト・ウィンスレットの相手役をした少年(青年?)だ。

 日本では劇場未公開だったらしく、確かにハリー・ポッターを想像して見に行ったらハズされるだろうなと言う気もするが、これはこれで、なかなか楽しめると思う。

|

« [映] ミッドナイト・ミート・トレイン | トップページ | [映] ケース39 招かれざる少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] クラバート 闇の魔法学校:

« [映] ミッドナイト・ミート・トレイン | トップページ | [映] ケース39 招かれざる少女 »