« [ド] ニキータ #22 | トップページ | [ド] ウォーキング・デッド2 »

2011年11月 7日 (月)

夫婦で久々の伊豆

 伊東へ旅行することになった。ハーヴェストクラブ伊東のチケットを手に入れたからだ。確かに、子供達が小さい頃はよく行った。温泉もあるし、室内プールもあるので、ホテルに泊まるだけで喜ぶからだ。気軽に行かれる距離だし、子供の喜びそうな施設もいろいろある。だが、上の子は東京だし、下の子ももう中3。案の定、行かないと言う。仕方ない、夫婦で行くか。でも、どこ行く?

Imgp1526
 とりあえず、知人からの情報で、三島市にある「村の駅」へ行ってみることに。伊東へ行く途中で寄れるし、お土産も買えそう。「道の駅」みたいなもんだろうと、高をくくっていたのだが、これ、なかなかいい。まんさいかんのような産直品売り場や、お土産を売っている店舗が入っていて、あれこれ見ているだけでも楽しい。ちょうどお昼時だったので、その中の一つ、「たまごや」でお昼を食べることに。

Imgp1529
 その名の通り、たまごを使ったお菓子や、食べ物がウリ。デイグラスソースのオムライスとカルボナーラを夫と半分ずつ食べた。(写真撮る前に完食…) オムライスうまかった~。サラダとたまごスープ、プチデザート(プチシュー)もついていてうれしい。親子丼も美味しそうだったな。

 さて、次どこ行こう? 全くノープランの旅である… それじゃ、次は道の駅? と言うことで、伊豆洋らんパークにある道の駅を目指すことに。レンタサイクルがあると言うことだったので、ちょっとサイクリングでもしてみる? なんて思って立ち寄ったのだが… 洋らんパークの駐車場に、細々と立っている小屋(?)に、「道の駅」と書いてある… これか????? 周りはアップダウンありそうだし、なにより、サイクリングして何見る?って感じの場所だったので、サイクリング案却下。寂れた洋らんパークの売店を覗く。そこで「マルセイユ石鹸」を発見。4個入りで760円が高いのか安いのか皆目見当がつかなかったが、とりあえず買ってみることに。

 「道の駅」のショボさにがっかりしたあと、ホテルへ向かう。ついでに、伊東の「道の駅」にも寄ってみる。こちらはなかなかおしゃれな建物で、かなりの賑わい。
Imgp1534
Imgp1539 でもシーズンオフだからなのか、あちこち改装中。お腹もいっぱいだったし、特別欲しいものもなく、そのままホテルへ。

 ホテルで一休みした後、いつも行く酒屋へ。ホテル入り口のすぐ隣にある酒屋さんで、お酒の種類がとにかく豊富。おつまみも充実しているので、いつも必ず行くのだが… 数年ぶりに行くと、お酒の種類が減っている上に、おつまみ類が激減。不況のあおりかなぁ… ものすごく残念。
 その後ホテルに戻って温泉につかり、夕食を食べに外に出た。今までは、近くのジョナサンズだったのだが、今回は2人だし、ちょっと豪華に食べようと言うことで、「かっぽれ」という地魚で有名なお店へ行ってみることに。
Imgp1543

Imgp1544_2
Imgp1545
Imgp1546
Imgp1548
釜飯セットを注文。単品の釜飯よりずっと高いので、躊躇していたのだが、なるほど納得である。新鮮な素材と繊細なお味で、久しぶりに美味しいものをいただきましたっ。ちなみにこちらのお店、予約をして行った方が良いようである。

 ホテルに帰り、持って行ったDVDを鑑賞(久しぶりに「スタンド・バイ・ミー」を見た)。さーて寝るぞとばかりにベッドにもぐりこむと… なんか変。傾いてるっ! どうやら、みんなが腰掛ける部分のマットレスがへたっているようで、ベッドが右に傾いているのだ。なんてこと… 結局ほとんど眠れず、肩こりと首の痛みが悪化。何度も泊まっているが、こんなこと初めて。

 翌朝、ホテルの朝食バイキング。だが、料金が微妙に値上げされている上に、品数が微妙に減っている。土日ということもあり、お客はたくさんいるようなのだが。チェックアウトで料金精算して驚いた。駐車場料金まで取られてる… 以前は無料だったのに… やっぱり不況のあおり?

 今日はどこへ行く? 帰りは駿河湾フェリーに乗ってみようよと言うことで、それならばと土肥金山へ。
Imgp1607  かつて栄えた金山は、いまや観光地となっている。当時の金鉱の様子を再現した施設や、本物の金などが展示してある施設、そして砂金取り体験ができる施設、土産物やレストラン。
Imgp1571
Imgp1599
Imgp1601  砂金取り体験、30分600円。とても、元が取れるほどはとれない。私がとれたのは金の粒2つ。夫は5つ。でも、意外と夢中になってしまう。30分っていうのがくせ者で、やっとコツがわかった頃にはおしまいである。だが、これ以上は腰が限界でもある。中には60つぶとった強者もいるらしいのだが、でもこれ、元の砂の中にどれだけ入っているか(入れてあるか!?)の問題だと思うよ。

 施設内のレストランで蕎麦を食べ、いざ駿河湾フェリー乗り場へ。Imgp1609 フェリー乗り場って、何か土産物屋とか何かあるのかと思ったら、ずいぶんと閑散としており、料金を払う小屋があるのみ。

Photo

 馴染みの清水港に着いてホッとした。あちこち寂れてしまった感は否めないが、美味しいものをたらふく食べてのんびりできた。首も、帰宅して一晩寝たらだいぶ回復。あのベッドさえなければなぁ…

 

|

« [ド] ニキータ #22 | トップページ | [ド] ウォーキング・デッド2 »

コメント

セレンディピティさん
そう、1人でお留守番でした。ちょうど高校の説明会もあり、試験も近いし(勉強するとは思えないのですが…)ということで、全く躊躇無く留守番を決め込んでました。1人でのんびり出来る~と浮かれていましたが、いざ1人だとやっぱり少々不安もあったようで、夜電話したら、待ってましたとばかりにその日の出来事から今の状況まで語ってくれました(^o^;。

2人だからこそ行かれる場所(高いお店とか(^o^;)というのもありますが、子供がいれば楽しめたねと言うところも多く…

投稿: マイキー | 2011年11月11日 (金) 09:47

ご夫婦水入らずで、ご旅行に行かれたのですね。
海の幸がおいしそう♪
中3の下のお子さんは、一人でお留守番ですか?
しっかりしていらっしゃるんですね!
うちの息子もほんとうは面倒なのでしょうが
一人で留守番するのも嫌なので、
今のところ、つきあってくれます。
でもいずれは夫婦二人、という時が来るのでしょうね。
ちょっと寂しいな。(笑)

投稿: セレンディピティ | 2011年11月 9日 (水) 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/53186531

この記事へのトラックバック一覧です: 夫婦で久々の伊豆:

« [ド] ニキータ #22 | トップページ | [ド] ウォーキング・デッド2 »