« [映] シリアスマン | トップページ | [映] アドベンチャーランドへようこそ »

2011年12月26日 (月)

[映] バッド・トリップ

 引き続きユダヤ人もの(と言うジャンルがあるのかは不明だが)。実話に基づいているらしい。主演は、ソーシャル・ネットワークのジェシー・アイゼンバーグ。

 NYブルックリン。厳格なユダヤ人社会で育ち、ラビを目指していた青年サム。親同士が決めた縁談で結婚する予定が、どうしたことか破談に。そんなとき、たまたま隣に住む親友の兄ヨセフが、薬を運ぶ仕事で儲けていることを知る。何も知らずに親友と共にその仕事を手伝うことになったサム。だがそれは、敬虔なユダヤ教徒であるため、空港でのチェックが甘いことを利用した、違法ドラッグの密輸だった…

 薬を運んで儲けるって、どう考えてもドラッグだと気づくと思うのだが、純粋なサムは、そんなことに全く気づかず、薬(medicine)と言われて何の疑いも持たない。本人が疑っていない上に、いかにもな感じのユダヤ人の格好なので、全く疑わずに空港を通り抜けられる。確かに利用されるわけである。

 一緒に仕事を手伝った親友は、ドラッグと気づいてすぐに手を引くのだが、知った上で、ずるずるとのめり込んでいくサム。金、酒とドラッグ、娼婦。楽しいことに目を奪われ、どんどん堕落していく。だが、さすがに厳格な家庭で育ったサムらしく、摘発されそうになると途端に現実が見える。自分の罪に気づく。

 サム役にジェシー・アイゼンバーグ。ヨセフ役に、ジャスティン・バーサ(映画「ハング・オーバー」のダグ)。ジェシー・アイゼンバーグの実の妹、ヘイリー・ケイト・アイゼンバーグが、サムの妹役で。

 真面目な青年が、ドラッグ密売に手を貸したけど、更正したよと言うお話。特別ビックリするような仕掛けも何もない。興味のある方はどうぞ。

|

« [映] シリアスマン | トップページ | [映] アドベンチャーランドへようこそ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] バッド・トリップ:

« [映] シリアスマン | トップページ | [映] アドベンチャーランドへようこそ »