« [映] 幸せがおカネで買えるワケ | トップページ | [映] 僕が結婚を決めたワケ »

2011年12月30日 (金)

[ド] シェイムレス 俺たちに恥はない

 いやはや、これまた楽しみなドラマである。まさにタイトル通り。「マルコム in the middle」 を思わせるはちゃめちゃぶりだが、もっとリアルだ。どうやら、英国の人気ドラマをハリウッドでリメイクしたものらしい。

Shameless
 妻に去られ、仕事をする意欲もなく、毎日飲んだくれて寝ている中年男性フランク・ギャラガー。彼には子供が6人。長女フィオナはバイトをいくつもかけもちして生活費を稼ぎ、一家の母親代わり。長男のリップは学年トップの秀才で、家庭教師で稼ぐ。ある日、次男イアンがゲイであることに気づく。三男カール、次女デビーはまだ小学生だが、家事を分担するし、支払いも分担する… そしてまだベビーカーに乗っている末っ子である四男リアムは、なぜか1人だけ肌の色が違う…

 フランク役にウィリアム・H・メイシー(ERのモーゲンスタン部長役など。デス妻リネット役、フェリシティ・ハフマンの夫でもある)。フィオナ役にエイミー・ロッサム(オペラ座の怪人のクリスティーン役が印象的)。リップの家庭教師先の母親役にジョーン・キューザック。父親役にジョエル・マーレイ(ダーマ&グレッグのピート)。でも、#1で出て行ってしまう…

 彼らの雑然とした家を見ていると、他人事とは思えないのだが、彼ら兄弟のたくましさはすさまじい。たくましい兄弟ものとしては、「サンフランシスコの空の下」を思い出すが、ああいう健全さはみじんも無く…

 小さな子供達までもが、ものすごく自立しているさまは、頼もしくもある。父親を愛しつつも、そのだらしなさ、ふがいなさに涙するフィオナ。彼らの今後はどうなってしまうんだろう? また一つ楽しみなドラマができたのと同時に、英国の元作品も気になってきた。


|

« [映] 幸せがおカネで買えるワケ | トップページ | [映] 僕が結婚を決めたワケ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145451/53573191

この記事へのトラックバック一覧です: [ド] シェイムレス 俺たちに恥はない:

« [映] 幸せがおカネで買えるワケ | トップページ | [映] 僕が結婚を決めたワケ »