« [映] リトル・ランボーズ | トップページ | [映] アメリア 永遠の翼 »

2011年12月31日 (土)

[映] きみがくれた未来

 ザック・エフロン主演の感動作なのだが、想像していたのとはちょっと違い、不思議なストーリーだ。

Charlie_st_cloud
 高校生のチャーリーは、ヨットレースで優勝。奨学金を得てスタンフォードへの入学が決まっていた。だが、卒業式の夜、11歳の弟サムを乗せた車が衝突事故に巻き込まれ、サムは亡くなってしまう。チャーリーも瀕死の重傷を負うが、奇跡的に救命士に助けられる。
 大学進学を諦め、サムの眠る墓地の管理人として、他人と関わらずにひっそりと暮らしていたチャーリー。彼には人には言えないある秘密があった。ある日彼は、高校の同級生テスが、単独世界一周ヨットレースに挑戦することを知る。


 弟サムを死なせてしまった自責の念から進学を諦め、墓守としてひっそりと暮らしているチャーリー。これだけならあり得る話だと思うのだが、サムの死後、チャーリーには特殊な能力が芽生えたようで、ちょっと人には話せない理由で、この場所から動くことができない。事故の直前、サムとした約束、-毎日夕方にキャッチボールの相手をする- を守るため、毎日日没の時刻をチェックし、夕暮れ時に鳴る大砲の音を合図に約束の場所へ駆けつけ、サムの亡霊とキャッチボールをするのだ。チャーリーにとって、これは唯一の心癒される時間であり、サムへの罪滅ぼしの時間でもある。

 そんなチャーリーは、一生をサムのために捧げようとしているようである。ところが。気になる女性テス登場。彼女はチャーリーに助けを求めに来たと言うことがわかり、女を取るか、弟を取るか苦渋の選択… と言う展開。チャーリーを救った救命士から、君が助かったのにはワケがあるハズだと言われるシーンなど、なかなかスピリチュアルな内容だ。

 チャーリー役にザック・エフロン。チャーリーとサムの母親役でキム・ベイシンガー。でも登場シーンはほんの少し。救命士の役でレイ・リオッタ。テス役にアマンダ・クルー。テスのコーチ役にドナル・ローグ。

 個人的には… スタンフォード進学を諦めちゃったのはすごくもったいないと思うなぁ。世の中、学歴だけではないけれど、そのお年頃で5年は長いと思う。そこまで弟のために尽くせるか?? どんだけ律儀な青年なんじゃと言う気がしないでもないが、美しい物語ではある。

|

« [映] リトル・ランボーズ | トップページ | [映] アメリア 永遠の翼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] きみがくれた未来:

« [映] リトル・ランボーズ | トップページ | [映] アメリア 永遠の翼 »