« [ド] 官僚天国! ~今日もツジツマ合わせマス~ | トップページ | 甘酒でホッと一息 »

2012年1月10日 (火)

[映] トゥー・ラバーズ

 二組のカップルの話か、愛し合う男女の話かと思ったのだが、ちょっと違う。二股くんの話だ。

Twolovers
 ブルックリン郊外のアパートメントで両親と同居する男レナード。父の経営するクリーニング店で働く彼は、何度か自殺を図ったものの失敗。精神的に不安定であり、そのために婚約者とは破談になっていた。ある日、父のクリーニング店に合併の話が舞い込み、相手の一家と親しいつきあいをするように。そこで知り合った娘サンドラと親密な関係になる。一方、同じアパートに越してきた魅力的な女性ミシェルと知り合ったレナードは、強く惹かれ始め…

 両親の家に住み、父の店で働くレナードの息苦しさは容易に想像できる。そこから抜け出すこともできない自分にうんざりしているようである。婚約者への思いを断ち切れないと言うよりは、破談にされたことに納得がいっていないと言う様子。

 そんなときに、ほぼ同時に2人の魅力的な女性と知り合う。サンドラとは家族ぐるみのつきあいなので、両親のお墨付き。将来はレナードがクリーニング店を継ぐと言う前提で、どんどん話が進み、もう結婚せざるを得ないような状況になってしまう。とはいえ、とても魅力的な女性なので、捨てる気にもなれない。とりあえずキープちゃんと言ったところ。

 一方、ミシェルはもっとミステリアスだ。家庭持ちの男性とつき合っている彼女は、いかにも不安定であり、そんな彼女を放っておけないレナード。見込みはなさそうなのだが、何かとレナードを頼ってくるので、ついつい手を貸してしまう。

 おそらく、サンドラは妻向き、ミシェルは愛人向きなのだろう。どちらか1人に絞ることができないまま、ずるずるとうまいことやっているレナードなのだが、ついに動きが出る。レナードも行動を起こそうとするが…

 レナード役にホアキン・フェニックス。ミシェル役にグウィネス・パルトロウ。サンドラ役にヴィネッサ・ショウ。母親役にイザベラ・ロッセリーニ。

 結末が妙に現実的で、なかなかいいと思う。レナードの行動をすべてお見通しなのだが、影でそっと見守っている母が印象的だった。

|

« [ド] 官僚天国! ~今日もツジツマ合わせマス~ | トップページ | 甘酒でホッと一息 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] トゥー・ラバーズ:

« [ド] 官僚天国! ~今日もツジツマ合わせマス~ | トップページ | 甘酒でホッと一息 »