« [ド] ブレイクアウト・キング | トップページ | [映] リセット »

2012年1月16日 (月)

[映] めぐり逢えたら

 懐かしいね。昔見た時は、実はあまり印象に残らなかったのだが、スカパーで放送していたので懐かしくて見てしまった。93年の作品ってことは、もう19年も前なんだね。

Sleepless_in_seattle
 シカゴに住む建築技師のサムは、愛妻に先立たれ失意のどん底にいた。彼女を思い出す環境から抜け出すため、息子と共にシアトルに引っ越すが、妻への思いが断ちきれぬまま1年半が過ぎる。
 一方、ボルチモアに住む新聞記者アニーは、恋人ウォルターと婚約し、結婚を控えていた。ある日偶然聞いたラジオ番組で、サムが妻に先立たれた切ない心境を語るのを聞き、彼の妻への強い思いに心打たれる。その時から、ウォルターへの思いに変化が…

 結婚を前に不安になると言うのはよくある話。でもアニーの場合はちょっと違う気がする。サムの存在を知るまで全く不安はなさそうだった。偶然聞いたラジオ番組で聞いたサムの話にすっかり取り憑かれてしまうのだが、ここまで行動に移すって、冷静に考えると現実的ではないね。それでもこの物語が素敵にうつるのは、何かとでてくる「サイン」のせいか。運命に導かれた的な展開。でもそういう出会いってあるかもしれないなとも思う。

 アニー役にメグ・ライアン。本当にキュートで素敵だなぁ。サム役にトム・ハンクス。やっぱりこの2人が演じるからいいのかな。トム・ハンクスの奥さんリタ・ウィルソンも、妹か姉?の役で出演。その夫役でビクター・ガーバー(エイリアスのジャック・ブリストウ、イーライ・ストーンのジョーダン)。ウォルター役にビル・プルマン。アニーの兄役でデヴィッド・ハイド・ピアース(フレイジャーのナイルズ)。アニーの兄嫁(?)役でフランシス・コンロイ(シックス・フィート・アンダーのルース)。アニーの親友役でロージー・オドネル。サムの仕事仲間で親友役にロブ・ライナー。あと、マイケル・バダルッコ(ザ・プラクティスのジミー)も出ていると書いてあるので探してみたら… NYの空港、タクシー乗り場のおっちゃん役が多分そう。

 好きな作品ではあるのだが、ウォルターがいい人過ぎる気もする。だって婚約者が、結婚間近になって突然、ラジオの人が気になるから結婚できないって言い出したら、普通は怒るよね。ウォルターみたいな人っているんだろうか。

 名作「めぐり逢い」がモチーフになっていて、映画の中にも何度か出てくるのだが、そういえば見てなかったなと気づく。見なくちゃね。
 

|

« [ド] ブレイクアウト・キング | トップページ | [映] リセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] めぐり逢えたら:

« [ド] ブレイクアウト・キング | トップページ | [映] リセット »