« [映] ホットファズ | トップページ | [映] シュレック・フォーエバー »

2012年1月22日 (日)

[映] カジノ

 95年の作品。当時見た記憶があるのだが、内容をすっかり忘れてしまっていたので、もう一度。カジノを舞台に、マフィアの栄枯盛衰を描いた作品だ。

Casino
 83年のラスベガス。賭博師だったサムは、マフィアのボスたちからその才能を見込まれて、カジノの経営を任されることに。見事な経営手腕を発揮するサムは、店に出入りしているハスラーのジンジャーに一目惚れ。プロポーズし、半ば強引に結婚。そんなおり、旧友ニッキーがラスベガスにやってくる。サムの忠告も聞かず、カジノでイカサマを続けて出入り禁止に。だが血の気の多いニッキーは暴挙を繰り返し、サムの頭痛の種に。さらに、ジンジャーが元彼のレスターと密会を続けていることを知り、激怒するサム。腹を立てたジンジャーは、ニッキーと浮気… 次第に歯車が狂い始める…

 全体として、同じくスコセッシ作品のグッドフェローズを思い出させる内容だが、大きく違うのは舞台がラスベガスであると言うことと、シャロン・ストーンの存在だろう。ジンジャーには幼なじみの恋人レスターがいたのだが、そんなことには全くお構いなしにプロポーズ、金をちらつかせて強引に結婚する。そんな結婚、うまく行くハズも無く…

 互いの信頼関係がしっかりしているときはうまく行くのだが、ちょっと狂い始めるとなかなか修復はできないようだ。特にそこに女が絡んでくると、タチが悪い。

 80年代のラスベガスは、まだそんなマフィアの影響下にあった時代。私が行ったのもちょうどその頃だ。今はファミリー向けレジャー施設となり、すっかり様変わりしたようだね。

 サム役にロバート・デ・ニーロ。ニッキー役にジョー・ペシ。この2人のキャラ設定は、グッドフェローズの時と近い気がする。ジンジャー役にシャロン・ストーン。彼女はこの役で、ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞している。(アカデミー賞は逃した) レスター役にジェームズ・ウッズ。ニッキーの相棒(?)フランク役にフランク・ヴィンセント(ソプラノズのフィル)。カジノの表向きの経営者グリーン役にケヴィン・ポラック。

 面白いと思ったのは、今回デ・ニーロ演ずるサムは、ユダヤ人だと言う点。ゴッドファーザーの時はイタリア系、確かグッドフェローズの時はアイルランド系だった気がする。

 178分と超長い。サムとニッキーが交互に語って物語が進行するので、当時を回想しているような感じ、長い歴史のあらすじを語っているような感じだ。実話に基づいたフィクションということらしい。マフィアもの好きは必見だね。

|

« [映] ホットファズ | トップページ | [映] シュレック・フォーエバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] カジノ:

« [映] ホットファズ | トップページ | [映] シュレック・フォーエバー »