« 甘酒でホッと一息 | トップページ | たった今あったこと »

2012年1月11日 (水)

[映] すべて彼女のために

 うーん、なんとなく納得のいかない展開、納得のいかない結末。

Pour_elle
 パリに住む国語教師ジュリアンは、妻リザと、まだ幼い一人息子オスカルと共に、幸せに暮らしていた。だがある日、突然やってきた警察に、殺人の容疑者として逮捕されてしまうリザ。3年後、裁判で20年の禁固刑が言い渡され、絶望するリザ。精神的にも不安定となり、衰弱。だが無実を確信したジュリアンは、ある計画を練り始めた…

 妻のえん罪を晴らすために戦うのではなく、脱獄を計画する夫の話。計画を立てている様子は、プリズンブレイクのようである。この計画、なかなか素晴らしいのだが、その過程でやっていることを見ると、なんだかなぁと思う。結局、妻を救うためなら、他の人は犠牲になっても知~らんぺってことか。

 それに!! 真犯人がいるはずで、どうもその辺が納得いかないのは、私が勧善懲悪もの全盛期に育ったからか?

 ジュリアン役にヴァンサン・ランドン。リザ役にダイアン・クルーガー。できれば、もうちょっと正義のために戦って欲しかった。

|

« 甘酒でホッと一息 | トップページ | たった今あったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] すべて彼女のために:

« 甘酒でホッと一息 | トップページ | たった今あったこと »