« 志の輔らくご 牡丹灯籠2010 | トップページ | [映] カジノ »

2012年1月21日 (土)

[映] ホットファズ

 いやはや、久しぶりに映画で大笑い気がする。そんなのアリかよ~と突っ込みまくりだったが、とにかく面白かった。さすが、「ショーン・オブ・ザ・デッド」のコンビだね。「エイリアン・ポール」を見そびれたことが悔やまれる…

Hotfuzz
 ロンドン警視庁の超敏腕警官エンジェル巡査。警察学校時代からトップの成績だった彼は、警察官としても高い検挙率を誇っていたが、それ故に組織内でねたまれ、田舎へ左遷。小さな村サンフォートへやってきたエンジェルは、さっそく放置されている軽犯罪を見つけて検挙しまくるが、さっそく浮いてしまう。そんなある日、殺人と思われる事件が続く。さっそく張り切って捜査に乗り出すエンジェルだったが、事故で片付けようとする同僚たち。なかなか決定的な証拠を見つけられないエンジェルは、村の秘密に気づく…

 

都会の人間が田舎にやってきてなかなかなじめない系の話と言えば、「ドク・ハリウッド」とか、ドラマだと「ノーザン・エクスポージャー」を思い出す。どちらも、最初はなじめないが、次第に田舎の良さを見つけて… と言う心温まる物語なので、そっち系なのかと思いきや… すごい、これはスプラッタ+アクション+コメディの刑事物なのだ。

 アクションはおそらく映画の中にもでてきた「バッド・ボーイズ」とかを意識したのだろう。でもこちらはイギリスの田舎。およそ銃撃戦とかカーチェイスとは無縁な場所である。エンジェルのパートナーとなったのは、署長の息子であり、冒頭でエンジェルが飲酒運転の現行犯で逮捕したダニー。ぼんやり系のキャラであり、都会から来たエンジェルを憧れの人のように見ている。映画オタクでもある彼から、映画のような銃撃戦とかカーチェイスとかをしたことがあるかと聞かれたエンジェルは、そんなの映画の中の話だよと一笑に付す。だが、その数日後には、銃撃戦やカーチェイスが始まってしまうのだ。

 次々と起こる殺人事件はスプラッタ。どう見ても殺人事件だと思うのだが、「これは事故だね~」と言い張る署長。その後、この村の大変な秘密を知ってしまうのだが、この殺人事件の理由がまたくだらなくて笑える。

 エンジェル役にサイモン・ペグ。「ショーン・オブ・ザ・デッド」のショーンとは対称的に、何でもできるめっちゃ格好良い警官である。相棒ダニー役にニック・フロスト。悪役にティモシー・ダルトン。冒頭のエンジェルを左遷する警察幹部の役でマーティン・フリーマン("The Office"のティム)とビル・ナイ。あと、気づかなかったのだが、サンタに分した泥棒役でピーター・ジャクソンが。一瞬なので、よく見ていてもなかなかわからない。さらに、エンジェルの元カノ、ジャニーン役でケイト・ブランシェットが。この役、医療用マスクのような物で顔を覆っていて、目しか出ていないので、全く気づかなかった!!

 とにかく、あり得ない系の、ツッコミどころ満載の作品だが、田舎をうまく皮肉っている気もして楽しい。R15指定だけど、大丈夫なんじゃないの?

|

« 志の輔らくご 牡丹灯籠2010 | トップページ | [映] カジノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [映] ホットファズ:

« 志の輔らくご 牡丹灯籠2010 | トップページ | [映] カジノ »